デイリーランキング

進化が止まらない超高解像度ヘッドセット「XR-3」を体験 VRとAR両対応、人の目レベルの見え方

テック

2021/04/09 12:00

Quest 2対抗の一体型VRヘッドセット「Pico Neo 3」発表 日本では今夏発売予定

業界動向

2021/04/08 17:30

センサーてんこ盛りの新型VRデバイス、HPから5月に発売 価格は1,249ドル

業界動向

2021/04/08 12:30

JTBらが「バーチャル日本」事業を発表、観光やショッピングを通して観光産業回復へ

活用事例

2021/04/08 11:00

グーグルが3Dオーディオ企業を買収、VR向け音響開発の実績も

投資

2021/04/09 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018年倒産のARスタートアップが復活、500万ドル調達しBtoBに転換

2018年に倒産したARスタートアップBlipparが復活しました。一般消費者向けサービスから企業用途に転換。500万ドルの資金調達に成功し、拡大するAR市場に再挑戦します。

ARナビ等の古参スタートアップ

Blipparは2011年に英国で創業したスタートアップです。スマートフォンを使用したビジュアルサーチアプリや、ARを活用した位置情報特定システムなどを開発してきました。2018年8月には、商業施設での利用を目的とした、ARとコンピュータービジョンを使用した、屋内ナビゲーションアプリも発表しています。

しかし2018年12月に破産を発表。事業不振から出資者の承認を得られず、資金投入に支障が出たことが原因でした。その後2019年にARアプリ制作プラットフォーム 「Blippbuilder」のアップデートを予告し、動向が注目されていました。

英AR企業Blipparが破産からの再出発か、アプリ更新を告知 | Mogura VR

英AR企業Blipparが破産からの再出発か、アプリ更新を告知 | Mogura VR

MoguraVR

2020年は変革の年に

倒産を経て、Blipparの従業員は340名から30名へと激減しました。しかし投資ファンドCandy Venturesが資産所有するものの、IPは継続して保有。市場拡大の好機を逃さず、ビジネスを仕掛けています。

現在のサービスは、ARアプリ制作プラットフォーム 「Blippbuilder」提供と、自社スタジオでの個別対応によるARコンテンツ製作です。顧客は広告代理店やブランド、コンテンツクリエイターとし、WebARを使ったコミュニケーションやキャンペーンを製作しています。

CEOのFaisal Galaria氏は資金調達に際し「このように投資家の方々に注目してもらい、非常にワクワクしています。2020年はBlipparにとって変革の年でした。前四半期比較で200%の増益を記録し、経営幹部層の増強も続いています」とコメント。10年間の経験と投資を活かし、AR市場にカムバックすると宣言しました。

https://www.youtube.com/watch?v=vBi7jFPkfr8

公式YouTubeの紹介動画では、ネスレのキットカットやSK-Ⅱといった日本の消費者向けコンテンツでも、Blipparが利用されていることが確認できます。

(参考)TechCrunch


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

VRで痛みや不安緩和、米企業が2,900万ドル調達

2021/03/24 19:00 活用事例

遠隔で看護実習、京都光華女子大と南国アールスタジオが実証実験

2021/03/24 19:00 活用事例