デイリーランキング

バンダイナムコは“VR事業が増収に寄与” 調査結果により明らかに

業界動向

2019/07/22 12:00

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

NVIDIAが広視野角・高解像度ARデバイス開発、米VR体験施設への大規模出資判明 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/07/22 08:00

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開

テック

2019/07/22 11:45

VTuberはビジネスで活用できる?メリットから課題まで語られた「VTuber活用丸わかりセミナー」レポ

VTuber利活用

2019/07/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視覚障害者を「スマートグラス×音声」でサポート、アメリカの空港が導入

アメリカのマンチェスター・ボストン地域空港に、視覚に問題を抱える人向けのARサービス「Aira」が導入されました。「Aira」はスマートグラスやARグラスのカメラに映った映像を遠隔で有人アシスタントがチェック、利用者に対して音声で指示等を行うサービスです。

「Aira」は24時間の利用が可能、有人アシスタントがサポート

「Aira」は、2015年に創業したアメリカ・サンディエゴに本拠地を構える企業、Aira社が開発したもの。専用アプリをスマートフォンにインストールし、スマートグラスやARグラスと接続、カメラを通して動作します。

今回の導入により、マンチェスター・ボストン地域空港ではAiraの無料版が使用できます。Aira社によれば、空港内では旅客機のフライトスケジュール確認やレストランの検索、セキュリティに関するガイダンス、(利用者の)荷物の判別などが可能とのこと。24時間利用に対応しています。

https://www.youtube.com/watch?v=-101am6kINY

空港外で継続してAiraを使用したい場合は、有償版を購入する必要があります。Airaの有償版は月額登録制で、1ヵ月29ドル(約3,100円)から利用可能です。

なお、「Aira」の導入に際して、マンチェスター・ボストン地域空港は同アプリで使用されるデータ使用量を負担する予定。同空港のディレクターTed Kitchens氏によると、負担額は年間約5,000ドル(約54万円)になるとの想定です。

(参考)Granite Geek





【PSVR】マトリョーシカのような世界で頭脳パズル「A Fisherman’s Tale」がPSVR向けに販売開始

2019/07/04 18:30 PlayStation VR(PSVR)

ARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」、日本ストアでも1位獲得 ゲームプレイ動画公開

2019/07/04 18:30 ゲーム・アプリ