デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

99ドルのスマホARヘッドセット『Mira Prism』今秋発売

Cyber Snake

ロサンゼルスのAR開発企業Miraが、ARヘッドセット『Mira Prism』を発表しました。『Mira Prism』はiPhoneをヘッドセットに差し込んでAR体験ができるもので、価格は99ドル(約11,000円)です。

https://www.youtube.com/watch?v=w76ESU3XHOg

ヘッドセット型のARデバイスは、たとえばマイクロソフトの『HoloLens』や『Meta』などが挙げられますが、これらはデバイスの価格が高額だったりハイスペックPCが必要ですが、『Prism』はiPhoneをヘッドセットに差し込むだけで、AR表示されたホログラムとインタラクションすることができます。

また、『Prism』にはコントローラーが付属しており、タッチパッドとトリガーに加えて2つのボタンによって構成されています。コントローラー操作によってゲームなどのコンテンツをプレイすることができ、たとえば部屋の中を飛ぶ宇宙船を操縦したり、釣竿を操作したり、レーザーポインターや絵筆、ハンドル、魔法の杖などを操作できます。

レンズは取り外し部分にマグネットを使用しているため取り外しが簡単で、iPhoneを差し込む部分はシンプルな構造で、伸縮可能なスパンデックス素材が使用されているため異なるサイズのiPhoneでも問題なく装着できます。

『Prism』には『Spectator Mode』機能が搭載されており、ヘッドセットを装着している人同士でAR体験をシェアできます。またiPadやiPhoneなどのiOSデバイスからでもARヘッドセットがなくても『Spectator Mode』にアクセス可能してその視界を共有することができます。また、ビデオを撮影したり写真を撮ってSNSに投稿することも可能です。

Miraは現在、他のコンテンツスタジオと提携して、デベロッパー、コンシューマー向けのコンテンツを開発しており、これらアプリは『Prism』の出荷時に同梱されます。シングルプレイやマルチプレイのゲーム、ARパズルやホログラムチェス、宇宙船バトルゲームなどをARでプレイできます。現実世界に3Dデータを重ね合せるAR技術を駆使して、まるで現実世界でゲームをしているかのような感覚で楽しむことができます。

『Mira Prism』は今秋に開発者向けに先行出荷される予定で、続くホリデーシーズンに消費者向けに発送される予定です。現在同社のサイトにて予約することができます。

(参考)
VRScout / This $99 AR Headset Is A Game Changer(英語)
https://vrscout.com/news/99-ar-headset-mira-prism/

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


VRソフト開発のディヴァース、約4,500万円の資金調達

2017/07/19 16:00 活用事例

『ペルソナ4』アフレコ映像も公開!浪川大輔のVR声優養成講座

2017/07/19 16:00 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集