ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ポケGOライクなゲームを作りながらスマホARゲーム開発を学ぶ 入門書が9月発売


ゲームエンジン(制作ツール)「Unity」を用いたARゲーム開発入門書の日本語版「UnityによるARゲーム開発 ―作りながら学ぶオーグメンテッドリアリティ入門」(以下、「UnityによるARゲーム開発」)が9月8日に発売されます。本書では、グーグル社の「Tango」や、アップル社の「ARKit」など昨今注目を集めている新たなARプラットフォームについての解説も記載されています。

「UnityによるARゲーム開発」は、iOS/Android搭載のスマートフォンで遊べる実践的なスマホARゲームを自分で制作することができます。

「UnityによるARゲーム開発」では、スマートフォンゲーム『Foody GO』を実際に作りながら位置情報ベースのARアプリについて学ぶことができます。『Foody GO』は、モンスターを探して捕まえレストランに連れていってアイテムとして売る、アドベンチャーゲームです。スマートフォンのGPSから現在位置を取得しゲームの世界観に合わせたマップを描画し、自分のアバターとモンスターをアニメーション付きで表示します。2016年に配信され人気を集め続けている『ポケモンGO』のようなゲームです。

Amazonにて本書の予約が行えます。

今後注目分野であるスマートフォンAR

アップル社は、2017年秋に正式リリース予定のiOS11にて、AR機能、およびその開発キットである「ARKit」への対応を予定しています。これにより、スマートフォンやタブレット以外の特別なデバイスを必要とせずAR体験ができるようになります。

ARkitを使用した開発事例はすでに複数公開されています。累計販売数1億品を超える人気サンドボックスゲーム『Minecraft』の世界を、現実世界と融合させるような試みも行われています。また2016年からは『ポケモンGO』をはじめとする様々なモバイル向けARゲームの開発がなされており、今後ともスマートフォンのARを活用したアプリケーションが増えていくと予想されており、コンテンツ開発には注目が集まりそうです。

スマートフォンARに特化した開発者向けの書籍は「UnityによるARゲーム開発」が初となります。同分野が気になる開発者は要チェックです。

この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース