デイリーランキング

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

ARCore

2019/02/19 11:30

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

洗って繰り返し使える「マイニンジャマスク」2月22日発売

話題

2019/02/18 19:46

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

細かなパーツもカメラで検索 米Amazonアプリのカメラに新機能

手元にあるネジや留め具と同じ物を購入したいとき、正確に同じ商品を見つけるのはなかなか大変です。Amazonアプリの新機能「Part Finder(パーツファインダー)」は、この問題を解決するのに役立ちます。スマートフォンのカメラで対象をスキャンし、欲しい商品をカタログから見つけ出す機能です。

2年前に買収したスタートアップが技術開発

アマゾンによると、現在この機能では100種類以上の留め具を見分けることが可能とのこと。技術を開発したのはアトランタのPartpic社、2016年にアマゾンに買収されたスタートアップです。Partpicは画像認識技術で部品を検索・購入するシステムを手掛けています。シードラウンドで200万ドル(約2.2憶円)超の資金調達を行ったとの報告もあります。

アマゾンはこの機能のリリースについて正式に発表していません。しかしメディアTechCrunchの取材に対して、数週間以内に全てのユーザー向けに新機能を公開すると回答しました。

カメラでスキャンし、正確に部品を表示

新機能は、Amazonアプリから利用できます。検索ボックスの隣にあるカメラボタンをタップし、「Part Finder」を立ち上げます。そして紙のような白い背景に、対象となる部品を設置。アプリの指示に従い、カメラを傾けて対象が画面の中心に来るようにセットします。アプリは部品をスキャンし、検索結果を表示します。

また続く画面では、情報を追加して検索結果の絞り込みを行います。例えばネジの頭が平らか、穴の形、といった情報を入力します。ただし検索がどの程度スキャン結果に依存するのか、ユーザーの入力情報がどこまで使用されるのかは不明です。

「Part Finder」の機能は現時点でiOSのみ対応が予定されており、Android版のリリースは未定となっています。

コンピュータービジョンを活用

今回の部品を検索する技術には、ARではなくコンピュータービジョンが用いられています。厳密に言えば、アマゾンは「Part Finder」がPartpicの技術を用いていると公表していません。しかしPartpicのCEO、Jewel Burks氏はTwitterで今回の技術に関し自社の社員の名前を挙げており、技術協力したことがうかがえます。

アマゾンのアプリには、これまでにも商品の試し置きが出来る機能「AR View」などが搭載されました(米国内のみ対応)。また同社はARに関する特許も複数取得しており、今後も最新技術とショッピングの融合を進めると考えられます。

部屋に商品を試し置き アマゾン、AndroidアプリもAR機能追加

部屋に商品を試し置き アマゾン、AndroidアプリもAR機能追加

MoguraVR

鏡の前に立つと服が変えられる アマゾンのARミラー特許が判明

鏡の前に立つと服が変えられる アマゾンのARミラー特許が判明

MoguraVR

店に行かずARでアクセサリーを試着 eコマースの未来

店に行かずARでアクセサリーを試着 eコマースの未来

MoguraVR

実店舗でAR利用か アマゾンがプロジェクターでARを実現する特許公開

実店舗でAR利用か アマゾンがプロジェクターでARを実現する特許公開

MoguraVR

(参考)TechCrunch


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

米大手ヘルスケアJ&JがVR手術トレーニング導入、着実に成果挙げる

2018/07/25 12:00 ビジネス活用事例

ハイスペックPCいらずでVR、ファーウェイらクラウドサービス開始

2018/07/25 12:00 ビジネス活用事例