デイリーランキング

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.21

メタバース

2022/01/14 14:55

VR/ARでの利用も視野、「電子コンタクトレンズ」を開発するInWith

テック

2022/01/11 11:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

「Quest 2は長い間、展開することになる」改めて明らかに

業界動向

2021/12/29 19:30

暗号資産取引所Geminiが4億ドルの資金調達 メタバース関連の投資などへ

メタバース

2021/11/23 20:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

実店舗でAR利用か アマゾンがプロジェクターでARを実現する特許公開

アマゾンから新たに公開された特許は、コンピューター、カメラ、そしてプロジェクターを用いて現実の物体の表面にコンテンツを投影してARを体験できるものです。具体的な応用例は公開されていませんが、アマゾンが計画している実店舗での応用が考えられます。

プロジェクターで物体の表面に照射してARを実現する特許

今回公開された特許は2016年の12月に登録された特許を元にしています。公開された特許では、ARヘッドセットの代わりにカメラやコンピューター、プロジェクターを用いて物理的な表面にインタラクティブなシーンを作成できるものです。

特許明細によると、プロジェクターで表示される物として電子的な本や画像、ビデオ映像やインタラクティブなメニューがあるとしています。また、プロジェクターで投影しているARの環境に別のシーンや人の手をキャプチャーして表示するために、さまざまな種類のカメラやセンサーを用いることができるとしています。

アマゾンの実店舗でAR技術を使うことを計画か

現時点でこの技術が社内でどのように呼ばれているのかや、アマゾン自身がAR技術を実用化まで開発を進めようとしているのか、他社からライセンスを受けようとしているのかは分かっていません。ただ、アマゾンはプライムメンバー向けに電子書籍や映画、テレビ番組といった膨大なコンテンツを持っており、AR技術を追加することでこれらのコンテンツの価値を上げるために使われると考えられます。

アマゾンは、以前家具ストアにおいて家にソファやワードローブを置いたときの外観をARで確認できるシステムをテストしていました。このシステムはまだ実際には展開されていないため、一部のアナリストはこのAR技術を現在計画しているアマゾンの実店舗に採用されるのではないかと推測しています。

(参考)
Amazon Patents Technology For At-Home Augmented Reality – (英語)
https://www.vrfocus.com/2017/07/amazon-patents-technology-for-at-home-augmented-reality/

MoguraVRはVRFocusとパートナーシップを結んでいます。


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

VRでアニメづくりを楽しむアプリ『PlayAniMaker』テスター募集開始

2017/07/18 15:00 ゲーム・アプリ

VR市場の成長率は?最新データに見る主要VRヘッドセットの売上

2017/07/18 15:00 活用事例
VR/AR/MR 用語集