デイリーランキング

「ホロライブ」のビジョンとこれから――Tokyo XR Startups出身起業家インタビュー(第一回:カバー株式会社CEO 谷郷 元昭氏)

業界動向

2019/08/23 12:00

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

開発

2019/08/22 11:30

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

Oculusモバイル部門代表、フェイスブックを去る 一体型ヘッドセット開発の立役者

業界動向

2019/08/22 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

エアバス、展示会で5つのVRコンテンツ披露 “未来の航空”を空に描く

7月21日からイギリスで開催されるファーンボロ国際航空ショー(FIA)では、世界中の航空機メーカーが最先端技術を披露します。フランスに本社を置く航空機器メーカーのエアバスは、イベントで5つのVRコンテンツを提供する予定です。

ISSや未来の航空機など5つのコンテンツ

VR/ARアプリを手掛けるRender社が制作したこのコンテンツでは、様々な未来の航空シナリオを体験することができます。例えば未来の航空機や、国際宇宙ステーション(ISS)での飛行体験など。宇宙では、宇宙服を着用し、ヘルメットやグローブを着けている感覚も体験可能です。

発表されているコンテンツは次の5種類です。
・Bartolomeo(ISS上に設置する曝露プラットフォーム)
・FCAS(Future Combat Air System:未来の戦闘航空システム)
・Urban Air Mobility and Electrification(都市の航空交通手段と電動化)
・VSR 700 drone helicopters(ドローンヘリコプター)
・A321 LR aeroplane(ジェット旅客機)

これまでにないエアバス体験を実現する

エアバスは声明の中で、「FIA2018では、最新技術を利用してユニークな方法で自社製品を紹介します。VRはこれまでになかった体験を実現し、わたしたちの顧客の惹きつけ方を変える、魅力的なものです」と発表しています。

FIAの航空イベントは、7月21日~22日にロンドン郊外のファーンボロ空港で開催予定です。チケットなどの詳細情報はこちらのウェブサイトから。

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


VIVE Proの企業向け利用に注目集まる、エアバスやヘネシーがパリで展示

2018/07/20 11:15 プロモ・マーケティング

もしも今ここで水害が起きたら? ARで浸水被害を疑似体験

2018/07/20 11:15 AR/MR