エクシヴィ、ローランド・ベルガーと業務提携  AR/VRを活用した価値ベースのものづくりを支援

2017年7月6日、株式会社エクシヴィは、欧州系コンサルティングファームの日本法人である株式会社ローランド・ベルガ―と業務提携することを発表しました。また、両社の代表が相互にアドバイザーとして就任。

エクシヴィは、VRで初音ミクの横に座りながら、VR空間でPC画面を操作して、隣にミクさんがいる感覚でYouTubeを鑑賞したり…といったことができる『Mikulus』などの開発者である近藤義仁(GOROman)氏が代表取締役を務める企業です。

同社は顧客に立脚したソリューションを提供するAR/VRのソムリエとして、数多くの開発の支援しています。またローランド・ベルガーは、グローバルなネットワークと知見を活かし、製造業を中心とした数多くのコンサルティングを行っています。

今回の提携により、新たな製品や事業を開発する際に、そのイメージや顧客価値を経営層含めて体感・共有・検証することで、製品や事業の競争力向上を効率的に実現する支援を、共同で行っていくとのことです。

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!