Xiaomi、360度動画会社Jauntとパートナーシップ締結へ

12月22日、XiaomiとJaunt社はパートナーシップを結び、VRコンテンツ製作など様々な方面における協力を発表しました。

Jaunt社はXiaomiのVRデバイス向けに専用のアプリをリリースし、操作感などをカスタマイズするとのこと。Jaunt社中国地域CEOの方淦氏によると「中国のVR産業は活気に満ちており、未来性があります。我々はインパクトがあるVRストーリーや体験を世界に伝えます。Jauntは中国にてVR撮影、製作、配信と体験プラットフォームを一括して行う会社を目指したい」と述べました。

Jaunt社はシリコンバレーに本社を置き、360度動画の撮影から編集、配信プラットフォームまでを手がける企業です。ディズニーから6,500万ドル(約78億円)の資金調達も受けました。同社は今年6月にSMG社による投資が行われた際に、微鲸科技とともにJaunt中国を設立し、中国のユーザにも360度動画の提供を始めました。

しかし、中国国内におけるインターネットの品質によって、高解像度のVR動画の配信には問題が生じるかもしれません。JauntのVR動画をアプリに内蔵する方式もXiaomiは考えているとのことですが、再生時のメモリに関する問題が発生が懸念されます。

高品質な360度動画コンテンツを楽しめるようになるのか、気になるところです。

(参考)

继Unity后 小米又与美国顶级VR公司Jaunt达成战略合作

http://news.87870.com/xinwennr-17500.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

関連するキーワード: 中国

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ