Windows MRヘッドセット、第一陣は10月17日発売

マイクロソフトは、ベルリンで開催されている家電見本市IFAにて、10月17日にWindows 10の大型アップデートを行うことを明らかにしました。同社が現在複数のPCメーカーと開発を進めている没入型MRヘッドセット(以下、MRヘッドセット)が発売されます。

マイクロソフトの没入型MRヘッドセットは、PCに接続して使用してVRを体験することのできる、Oculus Riftなどと同様のいわゆるVRヘッドセットです。外部センサーが不要で、PCとヘッドセットをつなぐだけで高品質なVR体験が可能なこと、本体価格が4万円からと比較的手軽なだけでなくPCの要求スペックも低く体験の総コストが低いこと、が特徴です。

このMRヘッドセットは、DELL、ASUS、HP、Acer、Lenovoなどのメーカーが発売を予定しています。各社の製品の仕様等は徐々に明らかになってきていますが、その第一陣の発売日が10月17日であることが判明しました。

これは、マイクロソフトが秋に行うことを予定しているWindows 10の大規模アップデート「Fall Creators Update」が10月17日となることを明らかにしたためです。「Fall Creators Update」には、MRヘッドセットへの対応が含まれています。

また、先日DELLからは、同社製のMRヘッドセット「Dell Visor」が10月17日に349ドル(約38,500円、国内価格未定)で発売されることが発表されており、少なくともDELLのMRヘッドセットが同日発売となります。

Acer、LenovoのMRヘッドセットについても「今後数週間」で発売されることが明らかになっています。ASUSのMRヘッドセットは2018年春発売です。

日本でのMRヘッドセットの発売について、製品版に関する情報は明らかになっていませんが、日本マイクロソフトは「世界と同時展開」と明らかにしており、日本でも10月17日からの展開となる可能性が非常に高くなっています。

Windows MRヘッドセットの特徴等、詳細はこちらの記事も合わせてご覧ください。
マイクロソフト「MRヘッドセット」徹底解説

(参考)
Windows VR Headsets Start Arriving On October 17th / UploadVR
https://uploadvr.com/windows-vr-headsets-start-shipping-october-17th/

関連するキーワード: AcerASUSDELLHPLenovoWindows MRマイクロソフト

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ