Win MRヘッドセット、SteamVR対応は発売日以降に

マイクロソフトは現在、複数のメーカーと協働して“没入型MRヘッドセット”を開発しており、そのうちの多くが年末にかけてリリースを予定しています。また、先日はこれらWindows VRヘッドセットがSteamVRコンテンツに対応するとの発表がされました。これによって、Steam上で公開されている様々なVRゲームのヒット作を同社のデバイスでプレイすることができます。

しかし、いつの時点でSteamVRコンテンツを同社のデバイスでプレイできるようになるのか、正確な予定については定かではありませんでした。先日発表された情報によると、SteamVRへの対応にはしばらく時間がかかるようです。

ドイツのテクノロジー系メディアであるComputer Baseによると、9月1日から開催されている欧州最大の家電見本市であるIFA 2017において、マイクロソフトのGreg Sullivan氏がこの件について言及しました。

同社は10月17日にWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」の提供を開始しますが、同氏によると、Windows VRデバイスのSteamVRへの対応は、10月17日よりも遅れるとのことです。

同メディアによると、SteamVRへの対応はまだ作業を開始したばかりで、これらのデバイスを通していつの時点でSteamVRのタイトルをプレイできるようになるのかについては、Sullivan氏も現在のところ明らかにできないとのことです。

MRヘッドセット向けのコンテンツは、しばらくマイクロソフトの公式ストアであるMiicrosoftストアのみでの配信となりそうです。

MRヘッドセットに対応するタイトルは現時点で複数発表されており、『Superhot VR』や『Arizona Sunshine』、『Rec Room』などの複数のVRゲームのヒット作の対応が発表されています。その他にも、Windows MRに対応したタイトルやプラットフォームの一覧も先日発表されています。

(参考)
Road to VR / Report: Steam Support for Windows VR Headsets Won’t Be Ready at Launch(英語)
https://www.roadtovr.com/report-microsofts-windows-vr-headsets-wont-support-steamvr-launch/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: MicrosoftSteamVRWindows VRヘッドセット

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。