HTC、VRコンテンツ制作のWEVRに1,000万ドルを出資

台湾のスマートフォンメーカーHTCは、VRコンテンツの制作を行っている米WEVR社に1,000万ドル(約12億円)の出資を行うことを明らかにしました。出資はHTCの子会社BVIを通じて行われ、WEVRの株式の15%を取得します。

HTCは、Valve社とともにVRヘッドマウントディスプレイHTC Viveの開発を行っており、今年末までの発売を目指しています。PC向けOculus Rift、PS4向けProject Morpheusと並び没入感の高いゲーム体験を実現するデバイスとして注目されています。

th_htc-vivewhite

WEVR社はこれまで、Oculus RiftとHTC Vive向けに『theBlu』や『Space Shuttle Endeavour』などのVRコンテンツを制作してきました。また、自身でも総額100万ドルの支援プログラムを立ち上げており、個人開発者等とパートナーシップを結んでいます。

HTCが今回の出資を通じてHTC viveのコンテンツ拡充を図っていることは間違いないでしょう。

(参考)
HTC – Announcement for investment in WEVR, Inc. by HTC Corporation through subsidiary, H.T.C. (B.V.I.) Corporation(英語)
http://investors.htc.com/phoenix.zhtml?c=148697&p=irol-newsArticle&ID=2072034

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/