VRコンテンツのポータルサイト「WEAR VR」150万ドルを追加投資

Oculus Riftの登場以降、様々なVRデバイスが登場しています。PC向けのOculus Riftはまだ開発段階ですが、手元のスマートフォンを装着して使えるモバイルVR用の機器は既に数多くの製品版が発売されています。そして、開発者も様々なソフトを開発して独自にApp Storeなどで公開しています。しかし、現時点では、それぞれのVRデバイスでどういったコンテンツが遊べるのか、ユーザーが簡単に探して体験できる状態にはなっていません。

th_image02

ユーザーがVRコンテンツを探すためのプラットフォーム「WEAR VR」は、ポータル機能の強化のために150万ドル(約1億8,000万円)を追加投資することを発表しました。

th_image00

「WEAR VR」では、Oculus Riftを始め、スマートフォンで体験できるDurovis Dive、HOMIDO、Carl Zeiss VR ONEなど、またPC向けのOSVRなど全部で11種類のVR向けコンテンツを探すことが可能です。また、周辺機器などの情報に関しても集約しています。

th_image01

現時点では掲載するためには、登録後申請が必要です。「WEAR VR」とパートナーシップを組んでいるアメリカのVR専門メディアRoad to VRによれば、今後、開発者が自分で情報を掲載出来る形になります。

また、急速に増えるVRコンテンツを探すためのプラットフォームとして、自動でおすすめコンテンツを表示する機能なども実装予定とのこと。

「WEAR VR」は今後加速度的に増えることが予想されるVRコンテンツのポータルサイトになり得るのか、注目したいところです。

Written by 久保田瞬(すんくぼ)

(参考)
WEAR VR(英語)
https://wearvr.com/

WEARVR Raises $1.5 Million for Universal VR App Marketplace – Road to VR(英語)
http://www.roadtovr.com/wearvr-raises-1-5-million-for-universal-vr-app-marketplace/