VRで世界中と交流できる『VRChat』120万ドルの資金調達

VR内で世界中の人々と交流できるサービス『VRChat』を運営するVRChatは、120万ドルの資金調達を行ったことを明らかにしました。調達元は、VRヘッドマウントディスプレイHTC Viveの展開など行うHTCを含めた複数企業となっています。
image00

VRChatは、現在Oculus RiftとHTC Vive向けにサービス提供されています。今回の資金調達では、HTCと共にRothenberg Ventures、GREE VR Capital、Brightstone Venture Capitalの名前が挙がっています。調達した資金はVRChatの事業展開と、今後のプロダクト開発に当てられるとのこと。

なお本サービスは、2016年5月10日に東京・品川グランドホールで開催された「Japan VR Summit(JVRS)」の第1回にて出展も行われていました。

本サービスと同様に、VRで他のユーザとコミュニケーションができる「ソーシャルVR」アプリは『AltspaceVR』や『vTime』などさまざまなものが登場しつつあります。

(参考)
VRChat
http://www.vrchat.net/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ