VRで飛行機の操縦体験も VRライドマシン「SIMVR」体験レポート

2017年6月28日から30日の期間中、東京ビッグサイトにて「第3回コンテンツテクノロジー展」が開催されました。株式会社しのびや.comのブースでは、VRライドマシン「SIMVR(シンバ)」でVRコンテンツを体験する展示が行われていました。

SIMVRはVRヘッドマウントディスプレイに特化したモーションシミュレータシステムです。本ライドマシンは、ピッチ・ヨー・ロールの3軸回転に上下の揺れを加えた動きが可能で、様々なアタッチメントを用いれば多岐にわたる動きに対応できるとのことです。

SIMVRは、現在ハウステンボスやプラサカプコン、越谷レイクタウンVRCenterなど多くの地域や商業施設での稼働しています。

今回は同社が制作したVRコンテンツのサイバー空間×コースター×リズムゲーム『SIMVRHYTHM』に加え、株式会社ダイナモピクチャーズ制作の潜水艇に乗り込み深海の伝説の帝国を求める『メガロドン 伝説の巨大鮫』、株式会社積木製作による時空を超えて恐竜の世界を旅する『恐竜戯画』など3つのVR体験が可能。

SIMVRはそれぞれのVRコンテンツに合わせてカスタマイズされています。

また、日本BTA社と共同開発した「VR-Chair Feel」、「VR-Chair Real」の設置も行われていました。空港などでよく見かけるフライトシミュレータのVR版です。特にRealの方は実際の航空機の機体の動きを再現し、画面の動きと連動させることでリアルな操縦体験ができるようになっていました。
 

 
SIMVRに関しては、Mogura VRでも以前に記事を複数掲載しています。

なお現在では、VR体験施設などでライドマシン風の機器を使ってVRコンテンツを遊べる機会も増えており、今夏7月14日には新宿に新施設「VR ZONE SHINJUKU」もオープンします。

行く前にチェック!新宿のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」徹底ガイド

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ