日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #64

町田がテーマのVRラジオ局「SHOW MACHIDA GO ON (#ショーマチ)」が放送開始

舞台芸術事業、人材開発研修事業などを手がける株式会社ヒューマンデザインは、東京都町田市を紹介するインターネットVRラジオ局「SHOWMACHIDA GO ON」の放送開始を発表しました。第一弾の放送には、町田市長が出演。ミュージカル「とってもゴースト」をテーマに、同市長との公開VRライブ中継が予定されています。パーソナリティーは、俳優の益山武明氏、安中淳也氏の2名が担当。「町田発! 世界初!」をキーワードに新しい形のラジオ番組を目指したいとしています。

プレスリリース: VRラジオ局「SHOW MACHIDA GO ON(#ショーマチ)」がスタート! 初回放送は音楽座ミュージカル終演後の劇場から「世界初!ミュージカル公開VRライブ中継」 | PR Times

一体型HMD、「IDEALENS K2」がDesign Intelligence Award 2017を受賞

VR関連事業やクリエーターエージェンシー事業を手がける株式会社クリーク・アンド・リバー社は、同社販売のスタンドアロン(一体型)HMD、「IDEALENS K2」が、中国のDesign Intelligence Award 2017において、Top100に選出されたことを発表しました。同アワードは、中国美術学院と中国工業デザイン協会が主催する国際工業デザイン賞として知られており、デザイン性や技術性、収益性などが審査要項となっています。VR機器の普及に伴いデバイスのデザイン性や、審美観が評価された事例として注目したいニュースです。

プレスリリース: VR機器として唯一の選出! VR・HMD 「アイデアレンズ K2」が「Design Intelligence Award 2017」を受賞! | PR Times

ボルテージ、女性向けVRプロジェクト第2弾を発表、テーマは「挙式」

スマートフォン向けゲームアプリ開発事業などを手がける株式会社ボルテージは、戦略子会社株式会社ボルテージVRにおいて、「挙式VR」プロジェクトの開始を発表しました。同プロジェクトは、女性が憧れるシチュエーション「挙式」をテーマとした、女性向けVRコンテンツ制作を予定しており、発表時期は未定。VR専門部隊の株式会社ボルテージVRの設立も記憶に新しく、「女性向けVRのパイオニア」を標榜する点で特徴的な同社。プロジェクトの動向に期待が集まっています。

プレスリリース: ボルテージの女性向けVRプロジェクト第2弾が始動!テーマは、女性が憧れる「挙式」に決定! | PR Times

結婚式のVR撮影、ライブ中継サービス「HUG WEDDING」、ハイアットリージェンシー大阪への導入を発表

https://www.youtube.com/watch?v=L-1koNnIDEU

VR関連事業を手がけるダックリングズ株式会社は、同社提供のVRサービス「HUG WEDDING」のハイアットリージェンシー大阪への導入を発表しました。同サービスは、結婚式の「VR映像撮影」、「VRライブ中継」の2点が特徴。様々な事情で結婚式に参列することのできない方にも、体験する機会を提供するサービスとして注目を集めています。また、現在、導入記念キャンペーンとして、販売価格から50,000円の割引が受けられるとのことです。

プレスリリース: 結婚式のVR撮影・VRライブ中継サービス「HUG WEDDING」において、ハイアットリージェンシー大阪ウエディングと業務提携し、関西に本格進出します。 | PR Times

デジタルハリウッド、「広告的観点から語る! 映像プロモーションと2017年の映像トレンドとは?」の開催を発表

デジタルハリウッド株式会社は、同社運営のラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO渋谷」にて、トークイベント「広告的観点から語る! 映像プロモーションと2017年の映像トレンドとは?」の開催を発表しました。同イベントは、クリエイティブ事情を発信する”場”「ネット×動画がつくりだすミライ」プロジェクトの一環として開催が発表されています。2016年に設立された博報堂のVR/ARチーム「hakuhodo-VR AR」のリーダーを務める秋田功氏ほか、クリエイティブプロダクションGROUNDRIDDIMの髙野良和氏らの登壇が予定されています。広告や、動画、クリエイティブ業界から見た「制作現場のトレンド」を感じることのできるイベントになっている模様です。

プレスリリース: デジタルハリウッドSTUDIO×GROUNDRIDDIM共催セミナー「ネット×動画がつくりだすミライ」 第2回目: 広告的観点から語る!映像プロモーションと2017年の映像トレンドとは? | PR Times

なお、本記事は各社のプレスリリース等を参考に執筆しています。VR関連のプレスリリースがある方は、こちらのフォームよりご連絡ください。

この記事を書いた人

  • ゆたか

    フリーのシステムエンジニアです。360°動画を撮影して楽しんでいたところ、Gear VRにも出会い更なる衝撃を感じました。
    これから、あらゆる文化を面白くしそうなVR。最先端で関わりたいと思い参加させていただいています。

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ