VR業界調査、2017年は製品開発とマーケティングに注力

VR業界をリードする有識者で構成される団体VR Intelligenceは2017年のVR業界の調査結果を発表しました。

VR Intelligenceの調査

VR Intelligenceの調査は今年の3月に、500名強を対象に行われました。

VR業界に対する意見や経験、期待していることや心配していることなどを調べ、成長するVR業界の今後の展望をより鮮明にすることが今回の調査の目的で行われました。

調査はVR業界に携わるVRハードウェアやソフトウェア、コンテンツ開発スタジオの人々に加え、実際に教育や健康、旅行関係者などの消費者を対象に行われました。

VR業界の成長は続く

調査にて47%のハードウェア開発会社と44%のコンテンツ開発会社がVR業界の成長について”非常に強い”または”強い”と答えました。一方で29%のハードウェア開発会社と22%のコンテンツ開発会社がVR業界の成長が”期待よりも弱い”と答えました。

マーケティングと製品開発が成長のカギ

64%のハードウェア開発会社が、76%のコンテンツ開発会社が2017年は製品開発に力を入れると答えており、また、54%のハードウェア開発会社が、38%のコンテンツ開発会社が、マーケティングを向上させると答えました。今後ブランド力やクオリティーを向上させるようなイノベーションがVR業界での競争に勝つためのカギとなるという見方を示しています。

コンテンツ不足とHMDの価格がネック

VR業界の成長の壁となっている要因としては33%のハードウェア開発会社と35%のコンテンツ開発会社がコンテンツの不足が問題であると答え、また、55%のハードウェア開発会社と64%のコンテンツ開発会社がヘッドマウントディスプレイの価格の高さも問題となっているという結果が出ました。

一方でコンテンツ開発会社にとっては、製品の規格化(27%)、商品販売と利益化(38%)が今後解決するべき問題として見ています。

VR技術のプラスな印象

実際にビジネスなどでVR技術を使う企業の85%がVR技術が良い変化をもたらしてくれていると答えました。

一方で教育分野では28%の企業が教育に対するVR技術の効果を見逃しており、今後も教育分野はVRが活躍する潜在的な分野になるという見方があります。

投資面でも、74%の企業がすでに予算の中にVRへの投資を組み込んでおり、また24%の企業も前向きに検討しているという結果がでました。

ゲーム分野でVRの活躍が期待

今後3年の間にVRがどの分野で活躍するかという質問に対して、ハードウェア開発の会社の74%が、そしてコンテンツ開発の会社の77%がゲームと答えました。

一方、期待感が薄かったのが物流分野でそれぞれ12%と7%、スポーツ分野で12%と9%という結果がでています。

HTC Viveがクオリティ面で人気

ヘッドマウントディスプレイの中では、ハードウェア開発の企業(54%)もコンテンツ開発の企業(62%)もHTC Viveがクオリティ面で支持するという結果がでました。

モバイルではSamsung Gearが人気

モバイル向けのヘッドマウントディスプレイは56%のハードウェア開発の会社と66%のコンテンツ開発の会社がSamsung Gearのクオリティを支持しています。

ビジネスにおけるVR技術の使用

どのようなビジネスの場面でVRを使用しているかという質問に対して、52%が教育や訓練と答えました。

また、46%がセールスやマーケティング・コミュニケーション手段として使用しており、42%が製品デザインとプロトタイプ化のためVRを使用していると答えました。

一方で、15%の企業がVRをビジネスで使用しないと答えました。理由としては、コストが28%、ニーズにあったVR技術がないが28%、VR使用の効果がわからないが28%と答えています。<

VR業界は着実に成長していますが、一方でプレイヤー自身が考えるさらなる成長のためのカギや、どの分野でまだVRの活躍がより期待されるかなどが調査によって明らかになりました。今後もVR業界でどのような革新的な技術が生まれ、成長していくのか目が離せません。

(参考)
VRX 2017 Virtual Reality Industry Survey
http://img03.en25.com/Web/FCBusinessIntelligenceLtd/%7Bc709059a-cd82-4e1d-95ab-8379c4eb08a5%7D_4783_VRX_2017_Survey.pdf?utm_campaign=4783%2029MAR17%20Survey%20Autoresponder.htm&utm;_medium=email&utm;_source=Eloqua&elqTrackId;=e591221ee93f451394875bfea5ca1e27&elq;=20e98b1dc1254953ba004495ba433e21&elqaid;=26902&elqat;=1&elqCampaignId;=(英語)

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ