NTTデータ、楽天にVRを使った野球トレーニングを提供

株式会社NTTデータは、VR技術を用いたプロ野球選手のトレーニングシステムを2017年より提供開始することを発表しました。プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する株式会社楽天野球団が、2017年シーズンよりファーストユーザーとしてシステムを利用します。

VR野球トレーニング

本システムは、投手の投げるボールを打者がVR内で体験することで、試合でのパフォーマンス向上を目指すプロ野球選手向けトレーニングシステムです。VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)の装着者は実際のバッターボックスにいるような状態となり、投手の投球を体験することが可能となります。

VR野球トレーニング

本システムでは、360度の全周囲映像データをもとに、3次元の野球場空間を合成します。この空間上に投手の投球映像データを実写で提示し、あたかも打席に立った目線で投球を体験できるとのこと。

これら映像をVRHMDを通じて体験することで、打席に立った目線から相手投手の投球動作やボールの軌跡を繰り返し体験することができ、対戦する投手の特徴や投手を攻略するための方法を試合前に習熟することができます。

VR野球トレーニング

今後、NTTデータは、本システムを商用サービスとして海外市場に向けて展開していく予定。また楽天野球団では、選手強化に加えてファンサービスとして本システムを活用していくとのこと。

9月9日(金)~11日(日)の3日間、楽天Koboスタジアム宮城で行う「東北楽天ゴールデンイーグルス 対 北海道日本ハムファイターズ戦」において、このVRシステムを報道関係者および一般のファンに知ってもらう体験会が無料で行われます。詳細はリリースページにて記載されています。

(参考)
世界初、プロ野球球団が監修したVR[バーチャルリアリティー]技術による選手のトレーニングシステムを提供開始
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2016/090500.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人