ムーンウォークのようにその場で歩く VR用電動靴『Vortex』

オーストラリア在住のエンジニア、Jamie Hyneman氏は、VR空間を歩くための「小さなルームランナー」を備えたシューズを開発しています。科学検証番組MythBustersに司会者として出演もしている同氏ですが、IndieGogoでのクラウドファンディングを開始しました。

ムーンウォークのようにその場で歩ける

VR空間での移動手段は、現在のVRにおける最大の課題の一つです。

「Vortrex」と名付けられたこのVRシューズは、ルームランナー規模の大きさを持つVirturix OmniKat VRなどの歩行用VRデバイスに比べて、小型で広いスペースを必要としないことを目指して作られています。これらの従来のデバイスでは実際に足を動かしてバーチャル空間を歩く体験ができるものの、消費者が自宅に持つには大きすぎるという欠点がありました。

Vortrexにはマイクロコンピュータが搭載されており、「ユーザーが前進した分だけ靴底のローラーで体を後ろに押し戻す」、いわゆるムーンウォークのような動きでルームランナーと同じその場での歩行を可能にすることを目指しています。

https://www.youtube.com/watch?v=jfn9sXgZd3k

研究開発段階の支援を募集

IndieGogoではVoltrexの7代目のプロトタイプ開発のため、50,000ドル(約570万円)の資金調達を目指して1ヶ月間のクラウドファンディングを開始しました。現在は、46人の支援者から6,723ドルの支援を受けています。

なお、本プロジェクトではあくまでプロトタイプ開発の資金調達を行うため、支援者への製品の提供はないとのことです。

Vortrexは現在は研究開発の段階であり、安全性や実用性、コストやバッテリーといった解決すべき問題が残っています。またシューズである性質上、様々な足の大きさに対応するために複数のサイズを製造する必要が考えられることや、そのために生産ラインが複雑化するなどの課題もあります。

Hyneman氏は、「うまくいくかも知れないし、うまくいかないかも知れない。それはすぐに分かるでしょう」と述べています。

(参考)
MythBuster’s Jamie Hyneman Launches IndieGogo to Build VR Shoes that Act Like Mini Treadmills / Road to VR(英語)
https://www.roadtovr.com/mythbusters-jamie-hyneman-launches-indiegogo-vr-shoes-act-like-mini-treadmills/

Mogura VRは、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: Vortex

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor