Verizon、VR体験中に電話をかけることを可能にする技術の特許を取得

アメリカの通信大手Verizonが、VR体験中に電話をかけることのできる技術に関する特許を取得したことが明らかになりました。

Verizon VR Call

VR体験中に電話の着信を知らせるアプリは、HTCがHTC Vive向けに提供しています。今回のVerizonの技術は、電話帳のリストをスクロールするのではなく、VR空間上に浮いている写真などVR内のオブジェクトを選択することで電話をかけることを可能にします。

Verizon VR Call

Verizonが今回特許を取得した本技術をどのように使うかは不明ですが、いずれVR空間内で電話をかけることができるようになるかもしれません。

(参考)
Verizon Files Patent For Virtual Reality Phone System – UploadVR
http://uploadvr.com/verizon-files-patent-calling-vr/

※米UploadVRとMogura VRはパートナーシップメディアです

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/