VAIOと東映ら共同事業 映画館で多人数が同時にVR体験

VRコンテンツは、エンターテインメントにおいて個人で遊ぶVRゲームから、施設などを利用して楽しむVRアトラクションなど様々な活用がされてます。今回、VRを映画館で同時体験できる新たな共同事業が開始しました。

VAIO株式会社、東映株式会社、株式会社クラフターの3社は、VRを映画館で鑑賞できる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を発表しました。本事業の試験営業は2018年3月より実施されます。

「VRCC」は、ハードウェア技術、劇場興行、コンテンツ制作に精通した3社が映画館で気軽にVR映画を多人数で楽しめる環境を提供するものです。本事業は3社に閉じることなく、コンテンツ制作者や公開劇場を広く募っていくとのことです。

本事業における各社の取り組みは以下のとおりです。

VAIO:ハードウェアの調達・最適化およびソフトウェアとネットワークを含むシステムを開発し、ワイヤレスで多人数が同時視聴できるVR環境の構築。

東映:快適な空間と音響を有する映画館にコンテンツの配給。

クラフター:3DCGアニメーション制作の技術を活用し、コンテンツの制作(人気アニメIPや、人気アーティストの映像などを想定)。

2018年3月の試験営業の実施施設や上映するコンテンツなどの詳細は、2月にあらためて情報公開されるとのことです。

(参考)
VAIO株式会社 プレスリリース
https://vaio.com/news/#pressrelease

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: VAIOクラフター東映

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!