NHK「天才てれびくん」にAR技術が導入!もじ魔獣とテレビ戦士の戦いを表現

スポーツテクノスポーツ「HADO」の公式Twitterアカウントは、NHK Eテレで放送中の子供向け教育「天才てれびくんYOU」にて番組制作をしたことを発表しました。

「天才てれびくん」は、1993年からNHK教育(現在はNHK Eテレ)で放送されている子供向け教育番組です。2017年4月より「天才てれびくんYOU」に改題し放送されています。

Twitterによると、本番組の制作にHADOのシステムを使ったARの番組が作られたとのこと。闇の力を持つ「もじ魔獣」とテレビ戦士の戦いをARで表現、視聴者も戦いに参加できる仕組みということが現段階で明らかになっています。

https://www.youtube.com/watch?v=lJw2kuKB1iE

HADOは、株式会社meleapが開発したARスポーツです。頭にスマートフォンを装着するヘッドマウントディスプレイを付け、腕にアームセンサーを装着することで現実世界がバトルフィールドへと変わります。プレイヤーは自由に動きながら、手から魔法やビームを放って攻撃したり、バリアを張って身を守ったりといった戦いを楽しむことができます。

視聴者参加型のARを使用した番組がどういった内容になるのか続報が待たれます。

なおHADOの世界大会「HADO WORLD CUP 2017」が年末開催予定となっています。賞金総額は昨年の100万円から300万円に増額され、2代目チャンピオンはどのチームになるのか注目が集まります。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com