周りの目を気にせず4DでVR体験が可能な椅子「Telepod」有楽町ビックカメラで14日まで展示

現在はゴーグル型の形状が主流なVRヘッドマウントディスプレイ。そして体験している内容は体験者しか分からない非常にパーソナルなものです。

一方、イベント等の体験の場では憧れの存在などを目の前にして周りに人がいるにも関わらず思わず口を開けてしまったりということが恥ずかしいと思う人も多いのではないでしょうか。

そこで、本来パーソナルなVRの体験を、少しでも周囲を気にせず楽しむためにVRのプラットフォームVR Cruiseによって開発が進められているのが「Telepod」です。

th_12669799_994187730654431_6855862_o

Telepodは半球形の回転椅子となっており、コンテンツの音と連動してボディソニックによって振動が伝わってくる4D体験が可能になります。

Telepodは現在開発中ですが、東京のビックカメラ有楽町店にて参考展示中。ももいろクローバーZのライブなどのVRコンテンツを4Dで楽しむことができます。

体験可能なのは2月11日から14日までの間です。

(参考)
VR Cruise
http://vr-cruise.com/index.html

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ