Super Venturesが1,000万ドルのファンドを設立。VR、AR、ウェアラブルに特化

米国のベンチャーキャピタルSuper Venturesが1,000万ドル(約11億円)のファンドを設立しました。このファンドはVR、AR、ウェアラブルデバイスのスタートアップに特化して投資を行うとしています。

super-ventures-ar-vr-fund

Super Venturesの創業者Ori Inbar氏は、事業家としても世界最大のARカンファレンス「Augmented World Expo」をプロデュースする企業の経営や、過去に創業したARスタートアップがアップルに買収されたという経験を持っています。また、Super Venturesの他のパートナーも全てARの専門家です。

ファンドの方針は「人類に『スーパーパワー』を与える技術にフォーカスしていく」とのことです。それがファンドの成長の自然な方法になるとコメントしています。

ファンドの設立と共に2つのスタートアップに投資をしたことも発表されました。それが以前からSuper Venturesが投資していると噂されていたWaygoFringefyのことなのか、それとも違うスタートアップなのかは明らかにされていません。

(関連記事)
コロプラ、国内外を対象とする世界最大級のVR専門ファンド「Colopl VR Fund」を設立。最大60億円規模
Gumiが設立予定のTokyo VR Startups、VR特化のインキュベーションプログラムの募集を開始

(参考)
‘Super Ventures’ Announces $10 Million Fund to Incubate AR, VR, and Wearable Startups – Road to VR
http://www.roadtovr.com/super-ventures-announces-10-million-fund-to-incubate-ar-vr-and-wearable-startups/

※米Road to VRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/