ソニー、スマホを使ったモバイルVRヘッドマウントディスプレイの特許を出願

SCEA(ソニーコンピューターエンターテイメント・アメリカ)が、新たにスマートフォンを使ったVRデバイスに関連する特許を出願したことが明らかになりました。

この特許は2015年5月に申請されていたもので、昨日公開されました。

特許の全文はこちら
(イメージ込みの資料全文はこちら

この特許には、ゴーグル型のデバイスと眼鏡型のデバイスが2種類含まれています。ゴーグル型のデバイスはサムスンとOculusが共同開発し販売しているスマホ向けVRヘッドマウントディスプレイGear VRと同様、スマートフォンを使用するものです。

Sony-mobile-vr-headsets1

Gear VRにはセンサー類が搭載されていますが、今回の特許ではさらに多くの機能が搭載されるデバイスになることが分かります。

Sony-Mobile-VR-Patent

sony-mobile-vr-patent-4

ゴーグル型のデバイスには、センサーやバッテリー、光学やシャッターコントロールを行うためのオンボードのメモリーが搭載されています。3D TVと同様の原理で、平面的な画像を立体的に見せることも可能になります。

sony-mobile-vr-patent-1

SONY-DISPLAY-SHUTTER

また、ゴーグルの表面に埋め込まれたセンサーを使用し、テレビの上にカメラで読み取って位置のトラッキングを行う仕組みも含まれています。

sony-mobile-vr-lighthouse

sony-mobile-vr-headset-tracking-playstation-eye-camera

今後、どのように製品化されるかといった情報はまだありませんが、ソニーのスマートフォンと組み合わせた仕組みになることが期待されます。ソニーのスマートフォンの最上位モデルXperia Z5 Premiumは4Kの解像度を実現しています。10月1日に公開された公式ブログの中では、「Xperia Z5は高精細なVRプラットフォームを実現可能にします。既に私たちは内部でいくつかの取組を行っています」との記述もあり、今後に期待ができそうです。

sony-mobile-vr-patent-2

(参考)
Upload VR / New Patent Suggests Sony is Developing a Gear VR Competitor
http://uploadvr.com/sony-mobile-vr-patent/

※アメリカのVR専門メディアRoad to VR、UploadVRはMogura VRとのパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ