リコー、360度カメラ「RICOH THETA」の事業拡大を表明

4月12日、株式会社リコーは同社コーポレートページにて、同社が開発・販売を行う360度カメラ「RICOH THETA」の事業を拡大予定であることを表明しました。

「RICOH THETA(リコー・シータ)」は、360度撮影が可能なカメラとして2013年に発売されました。続く2015年には、高画質化などユーザーやビジネス用途での要求に応えた上位機種「RICOH THETA S」が発売。そして2016年10月には、360度映像を手軽に楽しめることをコンセプトとしたスタンダードモデル「RICOH THETA SC」が発売されています。

また、同社はRICOH THETAシリーズで撮影された動画と静止画コンテスト「THETA VR映像コンテスト」の企画開催なども行ってきました。360度カメラ含むコンシューマー向けカメラ事業に関しては今後も注力していくことで、これからの事業展開が気になるところです。

(参考)
https://jp.ricoh.com/info/2017/0412_1.html

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ