Photoshopで360度静止画の編集をカンタンに行う方法

普通の写真とは違い、その空間自体を切り取ってしまう360度カメラ。その知名度も上がり、だんだんと身近になってきた印象です。今回紹介するのは、写真編集等で業界標準となっているAdobe Photoshop が、2017年10月のアップデートによってパノラマ編集が可能になったこと。

では、実際に使って見ましょう。

写真の読み込みを今までと同じように行います。筆者(Mac)はFinderから360度カメラで撮影した画像をドロップ。

読み込みが終わると、展開された画像が表示されます。ここまでは、以前のバージョンと同じです。

上部のメニューから、3D → 球パノラマ →  選択したレイヤーから新規パノラマレイヤーを作成をクリックします。

これにより、すぐに3Dパノラマビューを表示させることができます。

視野角(FOV)の調整も可能です。

60度(水平方向)

170度(水平方向)

3Dペイントで360度画像の中に絵を描くことも可能になりました。

編集した画像の書き出しは、「3D/球パノラマ/パノラマ」を書き出しで行うことができます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(参考)
Adobe公式
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/create-panoramic-images-photomerge.html

関連するキーワード: Photoshop

この記事を書いた人

  • 先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!