よりリアルに簡単に配信できる3Dフォーマット「ORBX」

3Dフォーマット技術の研究など行うOTOY社は、3Dグラフィックスをよりリアルに、簡単に配信するための3Dフォーマット「ORBX」を、ピクセルイラストにおける「JPEG」のように普及するよう展開しています。

orbx

ORBXの3Dフォーマットは、3Dに関する情報、例えば、ハイエンド3 Dシーンの照明、物理レンダリング、テクスチャーなどすべてを含むことができます。たとえばVRコンテンツのライブ配信などにおいてORBXフォーマットを使うことで、3 Dの特性を保ちながら配信することが可能になります。

orbx

OTOYは先週、Unityゲームエンジンに3Dフォーマット技術を導入することを発表したほか、VRプラットフォームでのコンテンツ配信に関心を持っています。同社が公開したORBX PlayerはリアルタイムでVRコンテンツを配信できるようになっています。

現在、OTOYは主にモバイルVRや360度動画の技術を研究しています。2017年にはOTOYはHTC Vive、Oculus Rift、PlayStationVR(PSVR)向けに位置トラッキングの技術も提供する予定とのことです。

(参考)
VR界下一枚重量级炸弹 非最亮眼新秀OTOY莫属
http://news.87870.com/xinwennr-16177.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image02

    日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/