Facebookのマーケティング担当副社長、OculusのCMOに

Facebookのマーケティング担当の副社長であるレベッカ・バン・ダイク氏が、OculusのCMOに選ばれました。FacebookのVR担当副社長でありOculusの実質的なトップであるヒューゴ・ベラ氏が、Twitterにて発表しています。

バン・ダイク氏はFacebookのマーケティング担当副社長として5年以上勤務しており、以前はアップル、ナイキ、リーバイスのマーケティング担当者として活躍していました。

意図的なタイミングでの就任か


今回のバン・ダイク氏のCMO公式発表は、Oculus Rift + Touch コントローラのセットが5万円に引き下げられた「Summer of Rift Sale」が終わった翌日に行われました。

タイミングは意図的、偶然的とどちらでも捉えられますが、新しいCMOを採用することで、マーケティング活動の立ち上げや、新製品、新コンテンツのリリースをより戦略的に展開すると考えられます。

Oculusの以前のCMOであるエリザベス・ハンレン氏は、4月に同社を辞任し、Microsoftの「Mixed Reality」部門の副社長に就任しています。

また、10月11日から13日にかけて開催される同社の年次デベロッパーカンファレンスである「Oculus Connect 4」では、多くのハードウェア・ソフトウェア情報が公開されると考えられます。

(参考)
Facebook Marketing VP Rebecca Van Dyck Joins Oculus as Chief Marketing Officer/ROADTOVR(英語)
https://www.roadtovr.com/facebook-marketing-vp-takes-role-oculus-chief-marketing-officer/

関連するキーワード: Oculus

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ