【PCレビュー】VR入門者向けのモデル G-TuneノートPC『NEXTGEAR-NOTE i5540BA1』

良質なVR体験をするためには高いスペックのPCが必要になりますが、具体的にどのようなPCを購入すればいいのかと言った意見も多く聞かれます。

今回は、マウスコンピューターのゲーミングPCブランドG-TuneのNEXTGEAR-NOTE i5540 シリーズの「NEXTGEAR-NOTE i5540BA1」を取り上げ、紹介します。

VR向けゲーミングノートPCとして価格も税抜15万円弱と手頃な上に、デスクトップPCと比較しても十分な性能で、エントリーモデルとしては最適です。

さらに、端子の場所や数など、VRを体験する際に、ちょっと気になるポイントがおさえられています。

1.スペック
2.外観
3.ベンチマークテスト
4.総評と注意点

まずは、スペックから紹介していきます。

スペック

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-7700HQプロセッサー
グラフィックスGeForce GTX 1060 3GB
モニター15.6インチフルHD(1920×1080)液晶
メモリ8GB PC4-19200 (8GB×1)
SSD240GB Serial ATAIII
HDD非搭載(カスタマイズ可能)
光学ドライブ非搭載(USB外付けドライブ追加可能)
チップセットモバイル インテル® HM175 チップセット
電源200W(ACアダプタ)
外部インターフェイスMini_DisplayPort×2,HDMI×1,USB3.0(Type-A)×3,USB3.1(Type-C)×2,マイク入力×1,ヘッドフォン出力×1,ライン出力
重量2.7kg(バッテリー含む)
価格149,800円(税抜)

外観

DSC_0003.JPG
DSC_0010.JPG

15.6インチフルHD液晶を搭載し、本体サイズは幅38.5cm×奥行き27.1cm×厚さ25.4cm(折りたたみ時)で重量2.7kgとなっています。


本体を右側から見た図です。左から順にヘッドフォン出力、マイク入力、ライン出力、マルチカードリーダー、USB3.1(Type-C)が2個、USB3.0(Type-A)が1個、LANポートとなっています。


続いて本体を左側から見た図です。左から順にHMDI、USB3.0(TypeA)、Mini DisplayPortが2個となっています。

本体左側ではHDMIとUSB3.0(TypeA)が隣り合っているためVRHMDを接続する際に楽に接続することができます。


背面から見た図です。こちらはACアダプターを接続する端子とUSB3.0(TypeA)が1個のみとなっています。

Oculus Touchの使用に関しては本体右側に1つ、背面に1つUSB3.0(TypeA)があるため別途USBハブなどを用意することなくセンサーを2つ接続してプレイすることができます。(マウスやゲームパッドなどの周辺機器を追加で使用したい場合にはUSBハブが必要になります)。


付属のACアダプターはHTC Viveのハンドコントローラーと比較した際に一回り小さいサイズです。

ベンチマークテスト

ベンチマークテストは「Mogura VR PCベンチ1.1」にもとづいて行います。使用したNVIDIAグラフィックドライバのバージョンは「378.78」です。

通常設定は、VRコンテンツをほぼ中レベルの設定で楽しめる基準に、ハイエンド設定はグラフィック等を非常に綺麗にしてVRコンテンツを最大限楽しめる基準になります。

「Mogura VR PCベンチ1.1」の詳細は紹介記事にてまとめています。

『VR Mark』

a.PNG
通常設定ではVR対応の基準である5000を1000ほど上回る「6007」という結果に。

b.PNG
ハイエンド設定ではVR対応の基準値である1082を60ほど上回る「1148」という結果になりました。

『SteamVR Performance Test』

c.PNG
平均史実度は6.8、「高い」から「非常に高い」を行き来する形でVR対応という結果になりました。

『Everest VR』


通常設定では平均88fpsと問題なくプレイできる結果に。ハイエンド設定では平均42fpsとカクつきが目立つ結果になりました。

『NVIDIA VR Funhouse』

通常設定では平均88fpsとプレイに支障のない結果に。一方ハイエンド設定では液体の流動や剛体の破壊表現が入る部分でfpsの落ち込みが見られ平均48fpsとなりました。

『Serious Sam』

通常設定では平均88fpsと推奨の90fpsをほぼ維持していました。ハイエンド設定では平均48fpsと落ち込みが多く見られる結果に。

『Arizona Sunshine』


通常設定では平均73fpsと推奨の90fpsからは少し下がるスコアとなりましたがプレイ時にカクつくようなことはなく、快適でした。一方ハイエンド設定では平均24fpsとカクつきがかなり目立つ結果になりました。

『The Climb』


通常設定では平均58fpsと推奨の90fpsと比較すると少し低めのスコアとなりました。ハイエンド設定では平均19fpsとカクつく事が多くプレイがかなり難しい状態でした。

『Robo Recall』

通常設定では平均86fpsと推奨の90fpsをほぼ維持する結果に。ハイエンド設定では53fpsとプレイ時にカクつきが出る場面が何箇所か見られました。

総評と注意点

ベンチマークテストを見ると通常設定ではHTC ViveやOculus Riftの推奨である90fpsを維持しているものが多く問題なく体験ができました。一方、ハイエンド設定では20~50fpsと多くのタイトルでカクつきが目立つ結果となりました。

より高性能なGTX1070やGTX1080と比べても比較的軽量で、見た目もスリムです。NEXTGEAR-NOTE i5540BA1は「とりあえずVRを体験してみたい」といった方や「周辺機器を買うことなくOculus Touchを使いたい」といった人にオススメのゲーミングノートPCです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: マウスPCレビュー

この記事を書いた人

  • 専門3年です。ニコ動/VOCALOID/ニコつくWeb担当他/自作PC/ハコスコ/CardBoard/Unity勉強中/デジギア全般/gearVRを持ち歩いてVRを広める活動をしてます。

    Twitter:@doron0328