転倒や傾きを360度フル回転で体感できるVRライドマシン「MMOne」

ウクライナのVR企業MMOneは、椅子型のVRライドマシン「MMOne」のビジネス版を発表しました。このライドマシンはVRゲーム中の動きを認識し、転倒や傾きを感じます。価格は明らかとなっていません。

MMOne社は、大きな機械腕を使用したこのマシンによって、VRの出来事や動きに応じて自分自身も動き、没入感を向上させることを目指しているとのこと。3軸を中心に、左右45度、上下45度、360度回転の機動が可能で、崖からの転落や、飛行機に乗った状態での宙返りといった状態を体感することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=0KnS3aESNk0

科学技術コンサルティング会社のDigi-Capitaの予測によると、2020年の世界VR市場は300億ドル(約3兆3,900億円)に達し、特にハードウェアはその中の大きな部分を占めているとのこと。本ライドマシンは、さまざまなゲームに利用できます。例えば、フライングシミュレーションゲーム『DCS World』、レースゲーム『Project Cars』『Trackmania Turbo』などです。

MMOne社の共同創業者であるアレックス・リジンキン氏はOculus Rift、HTC Viveとの協力を期待し、更なる体験を提供したいと示しました。MMOne社はウクライナ・オデッサ市に拠点を置き、2016年は5万ドル(約564万円)を使用し、ライドマシンを開発しました。

VRライドマシンは今後大型テーマパークと公共娯楽場所での使用が期待されています。最も大きな競合相手は遊園地施設のメーカー、例えばジェットコースター「Kuka Coaster」を開発したKuka Robotグループ、また模擬飛行装置メーカーとも競合の可能性があります。同社は現在、このライドマシンを娯楽施設に普及させる方針です。

(参考)

MMOne推出商业版疯狂VR座椅 让你的肾上腺素飙到嗨

http://news.87870.com/xinwennr-18378.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ