ARを活用した「動く年賀状」  松江市が地域活性化狙う

AR(拡張現実)技術は、ある対象を読み取って、現実にデジタル情報を重ねて表示させることなどが可能です。今回、写真・動画をもとにAR付きの「動く年賀状」を販売する実証実験が行われます。

同実証実験を行う島根県松江市、日本郵便中国支社、日本ユニシスの3団体は、国際文化観光都市である島根県松江市の地域活性化を目的として実施します。

AR年賀状の実証実験は、松江市にある「松江歴史館」にて行われます。来館者は、コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」の声かけにより写真と動画の撮影が可能です。撮影データは、ARアプリ『タメスコ』のクラウドセンターに自動で登録されます。年賀状を受け取った人は、同アプリで写真を読み込むことで動画を視聴できる仕組みとのことです。

本実証実験は、近しい間柄から届くハガキと観光地に連動した動画の両方のメッセージを組み合わせることで、受け取った人により効果的に観光地をアピールすることを狙いとしている、とのことです。実証実験の期間は2017年12月15日から2018年1月3日までを予定。

ARアプリ『タメスコ』はこちらより
iOSAndroid

(参考)
https://www.unisys.co.jp/news/nr_171206_ar-card.html

関連するキーワード: 日本ユニシス松江市

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!