LINEとKudanが業務提携を実施 スマホ向けカメラアプリ『B612』AR機能強化へ

ARのコア技術であるコンピュータビジョン技術を提供するKudan株式会社は、スマートフォン向けカメラアプリ『B612』を提供するLINE株式会社と業務提携を行うことを発表しました。


カメラアプリ『B612』は、 2014年8月にサービスが開始され、世界累計3億件を越えるダウンロード数となっています。さまざまなフィルターを使用して、自分好みの写真や動画を撮影することができるカメラアプリです。

その一機能であるARフィルターは、カメラ越しに見えるいつもの風景を、一味違った写真や動画に加工可能で、カメラを通して幻想的な空間を広げることができます。

Kudanが開発している「Visual SLAM技術」は、AR/MR/VR、IoT、ロボティクス向けに空間認識技術を提供しており、iOSやAndroidに対してクロスプラットフォームで、かつ専用デバイスに依存しない技術となっています。

カメラアプリにおけるAR機能の拡充が期待される中、今後両社は次世代のモバイルアプリケーションへと進化させていくとのことです。

なおスマートフォンとARに関する取り組みとして、Apple社が手がけるAR機能「ARKit」が注目されています。iOSに搭載される予定のARKitを使用した4つの開発事例をMoguraVRでは紹介しています。

(参考)
https://linecorp.com/ja/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ