LenovoのPC向け新型VRヘッドセットはRiftやViveより軽量、高解像度で低価格

レノボが、PC向けのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)を準備していることが明らかになりました。この情報はThe Vergeが報じているもの。価格は300ドルから400ドルの間で2017年後半に発売されるとのこと。

このVRHMDは名称はがまだついておらず、2枚の1440×1440 有機ELディスプレイ、PlayStation VRスタイルのハローストラップシステム、デュアルカメラを搭載しています。

レノボは、このVRHMDはがHTC Viveよりも約200g軽く、Oculus Riftよりも軽い約350gの重量を目標にしていると主張しています。 The Vergeに示されているヘッドセットは機能していなかったため、現時点では視野角など見え方の情報が得られていません。また、片目1440×1440の有機ELディスプレイは、RiftやViveの片目1080×1200の有機ELディスプレイよりも優れた解像度になります。

レノボのヘッドセットは、ヘッドセットの位置のトラッキングにカメラの画像を元にしたコンピュータビジョンを採用し、現在PlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveなどの外部装置やセンサーを必要しないと推測されています。

マイクロソフトはAR/VRプラットフォームWindows Holographicを推進しています。2016年11月のカンファレンスにて、2017年にPCメーカーより300ドル程度のPC向けVRヘッドセットが登場することが予告されていました。その際にレノボの名前も挙がっており、今回明らかになったVRHMDはまさにWindoiws Holographicを採用したVRHMDとなります。ほかにもHP、ASUS、Acer、Dellから2017年に発売されると言及されています。

(参考)

Road to VR

http://www.roadtovr.com/lenovos-new-vr-headset-packs-pixels-lower-price-weight-rift-vive/

The Verge

http://www.theverge.com/ces/2017/1/2/14150054/lenovo-vr-headset-windows-holographic

Engadget

https://www.engadget.com/2017/01/03/lenovo-vr-headset-windows/

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: CES2017

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!