現実空間にお絵描き、サイズ測定など iPhoneのAR機能向けに作られた5つのデモ

アップルは先日行われたWWDC2017でiOSのAR機能への対応を発表しました。その開発用キットであるARKitはiPhone、iPadのカメラのみで現実を認識して、3Dモデルを表示することなどができます。

以前、iPhoneの新しいAR機能ARKitを使った4つの開発事例について紹介しましたが、アップルの開発者たちのアナウンスの応じて、ユーザー達は既にARKitを利用したコンセプトデモを続々と開発しています。今回はARKitを使ったデモ5つを紹介します。

AR版空間お絵描き『Tilt Brush』

https://www.youtube.com/watch?v=fm7ZI0e2yvY

VR向けコンテンツであるGoogleの『Tilt Brush』では3Dの絵を空中に自由に描くことができました。日本でもアーティストやテレビ番組での取り上げなど、話題になることが増えています。それがARで利用できるとなると大ヒットが予想されます。このデモでは現実空間上に3Dの絵を描いている様子が伺えます。現実を拡張するというARにぴったりなデモです。

リアルタイムでサイズを測定

https://www.youtube.com/watch?v=z7DYC_zbZCM

電化製品を購入したり、家具を動かすなどの際、長さを測定する必要がありますが、このデモではAR上で物を測定することができます。
スマートフォンを持ち歩いていれば、他の機器を使用することなく3D空間で物を測定することができます。スクリーンショットを撮影すれば、家具屋などでもサイズを確認することができます。

スペースインベーダーのリアルワールド版

https://www.youtube.com/watch?v=sJR_f7XCuvA

日本のアーケードゲームでも大人気であった『スペースインベーダー』を現実空間でプレイすることができます。このデモでは360度様々な方向から近づいてくるインベーダーを撃墜しています。アーケード版からAR版へと、世代を超えたゲームデモになっています。

家の中で月への上陸を眺める

https://www.youtube.com/watch?v=6OV2mBbNtVk

1969年の米国の歴史的な月の着陸は、人類史上最大の成果の一つとしていますが、現在ではiPhoneのARKitの力を使うことで、自分の家で月の上陸を眺めることができます。

ARでロケットのランディング

https://www.youtube.com/watch?v=NodGjd3C0SQ

スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ、通称スペースXは、ロケット・宇宙船の開発・打ち上げといった宇宙輸送を業務とする、アメリカ合衆国の企業です。テスラのCEOイーロン・マスク氏が率いており、ロケットを着陸して再利用できる画期的な技術により、話題になりました。

着陸風景を見ることは難しいですが、iPhoneを使えば自宅の裏庭で着陸の風景を見ることも可能です。

ARKitが公式に対応し、iPhoneやiPadでAR機能が使えるようになるIOS 11のリリースは秋を予定しています。これから多くの開発者達が、様々なARアプリケーションをリリースしていくと思うと、非常に楽しみです。

(参考)
5 Awesome iPhone AR Demos Made Using Apple’s ARKitー(英語)
https://uploadvr.com/5-awesome-ar-iphone-demo-apple-arkit/

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!