iPhone 8/8 Plus/iPhone X発表 価格・予約・発売日・比較まとめ

アップルは、9月12日(日本時間9月13日未明)の新製品発表会にてiPhoneの新型となる3機種iPhone 8/8 Plus/iPhone Xを発表しました。

iPhone 8/8 PlusはiPhone7/7 Plusの後継となる機種で液晶パネルを使ったものになります。また、iPhoneXは、iPhoneの10周年モデルとなり、次の10年を象徴するような未来的な機能を盛り込んだモデルとなっています。

iPhone 8/8 Plusは、9月15日予約開始の9月22日発売、iPhone Xは、10月27日予約開始の11月3日発売となっており、予約開始・発売が機種により異なります。また、iPhone 8の最下位モデルが78,800円(税別)に対して、iPhone Xの最上位モデルは129,800円(税別)と、かなりの価格差があります。

目次

1.iPhone 8/8 Plus/Xの主な特長比較
2.iPhone 8/8 Plusの特長
3.iPhone Xの特長
3-1.ベゼルレス、ホームボタンのない美しくシンプルでワイドなデザイン
3-2.iPhone初のOLED搭載
3-3.Face ID
4.iPhone 8/8 Plus/Xの予約方法

iPhone 8/8 Plus/Xの主な特長比較

より詳細な違いはアップル公式サイトをご覧ください

 iPhone XiPhone 8 PlusiPhone 8
ディスプレイ5.8インチ Super Retina HDディスプレイ
(OLED、ベゼルレス)
5.5インチ Retina HDディスプレイ
(液晶)
4.7インチ Retina HDディスプレイ
(液晶)
 HDRディスプレイ
 2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
 1,000,000:1コントラスト比(標準)1,300:1コントラスト比(標準)1,400:1コントラスト比(標準)
リアカメラ12MP広角カメラ(
ƒ/1.8)と望遠カメラ(ƒ/2.4)
12MP広角カメラ(
ƒ/1.8)と望遠カメラ(ƒ/2.8)
12MP(
ƒ/1.8)
セキュリティFace ID
(顔認証)
Touch ID
(指紋認証)
Touch ID
(指紋認証)
チップA11 BionicチップA11 BionicチップA11 Bionicチップ
ワイヤレス充電への対応ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)ワイヤレス充電(Qi充電器に対応)
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
143.6mm×70.9mm×7.7mm158.4mm×78.1mm×7.5mm138.4mm×67.3mm×7.3mm
重さ174g202g148g
カラーシルバー
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
発売日10月27日16時1分予約開始
11月3日発売
9月15日16時1分予約開始
9月22日発売
9月15日16時1分予約開始
9月22日発売
容量64GB256GB64GB256GB64GB256GB
価格(税別)112,800円129,800円89,800円106,800円78,800円95,800円

iPhone 8/8 Plusの特長

iPhone 8/8 Plusは、2016年に発売されたiPhone7/7 Plusの後継機種という色が濃いモデルです。いずれも64GBと256GBの2種類の容量を用意しており、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3種類のカラーバリエーションがあります。

アップルは今回から新たに搭載される、6コアのチップA11BIONICがこれまでのA10チップ以上のパフォーマンスを発揮することを強調しました。処理能力は25%、電力効率も70%改善しています。また、グラフィックス処理のためのGPUも搭載し、レンダリング能力が30%向上しました。

また、iOS11より実装されるAR(拡張現実)機能について、iPhone 8/8 PlusはAR機能を使うのにさらに適したハードウェアとなっています。AR機能を意識したカメラ、新たなジャイロセンサーや加速度センサー、モーショントラッキングの正確性などを誇ります。iPhone 8/8Plusの間でAR機能の優劣があるかどうかについては言及されていません。

また、iPhone 8/8 Plusはワイヤレス充電への対応が発表され、Qi規格への対応が行われます。

iPhone Xの特長

一方、最上位モデルとして発表されたiPhone Xは、縁のないベゼルレスのディスプレイや、これまでの液晶パネルではなくOLEDを採用するなど、様々な点が従来モデル、さらにiPhone 8/8 Plusとも異なります。

ポイントとなる点を紹介していきます。

ベゼルレス、ホームボタンのない美しくシンプルでワイドなデザイン

iPhone Xは、ベゼルレスのデザインが採用されました。ホームボタンはなく、側面の電源ボタン、音量ボタンのみ存在します。ホームボタンこそありませんが、スワイプ等でホームボタンがなくても快適な動作が可能になっています。

前面、背面ともガラスでコーティングされています。防水防塵を誇っています。シルバー、スペースグレイの2種類。容量は64GBと256GBの2種類のモデルが用意されています。

iPhone初のOLED搭載

ディスプレイには高精細で解像度が高いOLEDを採用、従来のOLEDの問題点である明るさや発色の正確性などを解決した5.8インチの「Super Retinaディスプレイ」を採用しています。解像度は2,436 x 1,125ピクセル、画素密度を表すppiは458ppiとなっています。この画面サイズ、解像度、画素密度は、iPhone 8/8 Plusを含むこれまでのiPhoneのいかなるディスプレイよりも高性能です。

また、HDRにも対応し、HDR動画の再生などが可能です。

Face ID

iPhone Xの目玉機能の一つがFace IDと呼ばれる顔認証の仕組みです。このFace IDは、フロントに設置されたカメラ、センサー等でこれまでのiPhoneで使えたTouch ID(指紋認証)以上に簡単に、ただ顔をiPhoneに向ければセキュリティが解除できるというものです。

iPhone Xに搭載されたA11チップがニュールネットワークでの処理を行い、持ち主の顔を学習していきます。その結果、髪型や眼鏡など外見が変わっても、Face IDが使えるようになります。

また、この顔認識の機能を応用し、『Snapchat』などのARカメラで顔の認識がより精度高くなることで、さらに顔の筋肉の動きなども反映させることが可能になります。

またiMessageでメッセージを送る際に自身の表情をアバターに反映させて表現のできる「Animoji」機能も紹介されました。

iPhone 8/8 Plus/Xの予約方法

iPhone 8/8 Plusは、9月15日16時1分から、iPhone Xは10月27日16時1分からそれぞれ予約開始となります。
iPhone 8/8 Plusについては、NTTドコモソフトバンクauの各オンラインショップ、またはiPhoneを取り扱っている販売店舗にて受付を開始するとのことです。

iPhone Xについては予約方法に関する情報は明らかになっていません。

※2017年9月13日12:00 予約方法に関する情報を更新しました。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: AppleiPhone 8iPhone ARiPhone X人気の読み物

この記事を書いた人