IDC、2021年までのAR/VRヘッドセット出荷台数を予測

リサーチ会社のIDC Japan株式会社は、2021年までのAR/VRヘッドセットの世界・国内出荷台数予測を発表しました。

IDCによると、2017年にはAR/VR合計で1,370万台弱であったヘッドセットの出荷台数は、2021年には8,120万台強に成長すると見込まれ、2017年~2021年の年平均成長率(CAGR)は56.1%の高成長になる、と期待されています。

今後AR市場が拡大、VRはWindows MRや一体型に期待

IDCシニアリサーチアナリストを務めるジテシュ・ウブラニ氏は「今のところ、ARヘッドセットの出荷はAR/VR市場のごく一部を占めるに過ぎないが、今後5年間で質・量共に成長が期待される」と述べています。

また、「2021年、ARヘッドセットの出荷金額は300億ドルに達すると予測している。これはVRの2倍に達する規模だが、ARヘッドセットの初期採用者がビジネスユーザーであり、ヘッドセット一台あたりの単価も高いためである。また他方、AppleのAR KitとGoogleのAR Core対応アプリがコンシューマー向けのヘッドセットに採用されるのは時間の問題だと思われるものの、大半のコンシューマーはスマートフォンなどモバイルでARを体験することになるだろう」とのこと。

VRヘッドセットについては、主要VRヘッドセットが最近値下げを行ったことや、11月以降登場する多くの新製品は2017年後半の市場成長の牽引役となり、年初からの成長の遅れを取り戻すことになると予測しています。シェアについては、PCやゲーム機向けのヘッドセットがシェアを伸ばす中、スマホ対応のVRゴーグルが今後も5割以上のシェアを維持するものとみられています。そのほか、ケーブルを必要としてない一体型のヘッドセットが2022年以降にシェアを獲得すると予測しています。

AR/VRおよび各種デバイスのプログラムバイスプレジデントであるトム・マイネリ氏は「VRは2017年、成長期待に苦しんでいたが、市場全体としては現実的で合理的なペースでの成長を続けており、Microsoftとパートナーメーカーから発売されるWindows Mixed Reality Headset(Windows MR)の新製品は、2017年第4四半期(10~12月)にさらなる市場の成長をもたらすことになるだろう」と述べています。

「2018年に向けては、大手メーカーから一体型のヘッドセットが登場することもあり、新たなビジネスの形やトレーニング手段を可能にするこのテクノロジーを手にする企業の数が一層増加することを我々は期待している」とのことです。

国内においてもAR/VRデバイスの出荷台数は伸長

IDCは、日本国内のAR/VRヘッドセットの出荷予測に関して、2017年の予測合計出荷台数は36万台、そして2021年は104.3万台になると発表しました。

ARヘッドセットはビジネス利用を中心に2021年は8万台の出荷と予測しており2017年~2021年の年平均成長率は63.7%、VRヘッドセットはコンシューマーの利用が今後も進み2021年は96万台の出荷と予測しており2017年~2021年の年平均成長率は29.0%になると見込んでいます。

IDC Japanのシニアマーケットアナリストである菅原啓氏は「日本でも最近はVRを中心に各種ビジネス活用の話題も広まりつつあり、特にVR市場は本格的な立ち上がりを迎えようとしている。ARに関しても、スマートフォンを利用した活用事例は徐々に増加している」とコメントしています。

一方で、「ヘッドセット市場の成長速度はAR、VR共に世界に比べ見劣りしており、AR/VR体験の裾野を広げることでさらなる市場拡大のための素地を均していくことが必要であると言える」と述べています。

(参考)
IDC Japan株式会社 プレスリリース
https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20171019Apr.html

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: IDC Japan

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com