マイクロソフトのMRヘッドセット HP製開発者版が8月発売

日本HPでは、Microsoft社のWindows Mixed Realityに対応するHP製の開発者向けMRヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(デベロッパーエディション)」の発売を8月に予定していることを明らかにしました。価格は49,800円。

#エンジニア の皆さま必見/

日本HPでは、Windows MRのプログラム開発を支えるHP Windows Mixed Reality Headset(デベロッパーエディション)の発売を予定しています�

<詳細はこちら>https://t.co/rgfzeyQDv7 pic.twitter.com/ABXcb3PQiZ

— 日本HP PC (@HP_PC_JP) 2017年7月8日

本ヘッドセットは、マイクロソフトが展開するMRデバイス「HoloLens」と同じWindows Mixed Realityのプラットフォームを使用し、没入型のVR体験が可能となっています。

Windows10のPCと本ヘッドセットを繋ぐだけで、追加のソフトウェアなどを必要とせずシームレスなセットアップが可能となっています。また、ヘッドセットにはモーショントラッキングセンサーが内蔵されているため、追加センサーなども不要です。

「HP Windows Mixed Reality Headset」の発売の日付や購入方法については、まだ明らかになっていないため続報が待たれます。

スペック

ディスプレイサイズ

対角2.89インチ×2

解像度

1440×1440(片方)、2880×1440(両方)

リフレッシュレート

90Hz(HDMI2.0)、60Hz(HDMI1.4)

視野角

水平95度

トラッキングカメラ

フロント部×2

音声入力/出力

コンボポート×1

同梱ケーブル

・HDMI(2.0)およびUSB3.0との2in1ケーブル
・4mおよび0.6m(各1本づつ 計2本)

価格

49,800円

推奨PCスペック

 

ノートPC

デスクトップPC

OS

Windows 10  Creators Update(バージョン1703)以降

Windows 10  Creators Update(バージョン1703)以降

プロセッサー

Intel  Core i5 デュアルコアプロセッサー( Hyperthreading対応)

Intel  Core i3 デュアルコアプロセッサー( Hyperthreading対応)、または AMD FX4350クアッドコア同等以上

GPU

NVIDIA  GeForce GTX965M
もしくは AMD Radeon RX460(2GB)同等以上 かつDirectX 12に対応

NVIDIA  GeForce GTX960/1050
または AMD Radeon RX480(2GB)同等以上かつDirectX 12に対応

メモリ

8GB

8GB

ポート

HDMIポート×1
USB3.0ポート×1

HDMIポート×1
USB3.0ポート×1

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: MRヘッドセットWin MRWindows MR

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com