HoloLensで不便な文字入力をiPhoneで『HoloKeyboard』配信開始

マイクロソフトのMRデバイスHoloLens。色々と話題のコンテンツが多いですが、ユーザーが悩ましい問題があります。それが文字入力。空中に浮かぶキーボードに頭を動かしてカーソルを合わせながら、いちいちエアタップ(指を倒す動作)で1文字ずつ選ぶ必要があるため不便です。Twitterユーザーの@sumihiro氏は、iPhoneで入力した文字をHoloLensに送ることで不便さを解消する、『HoloKeyboard』というアプリを公開しました。嬉しいことに日本語対応です。

iPhoneから簡単に文字データを転送

HoloLensではバーチャルキーボードを使って文字を入力できる機能があります。しかしそれが使いづらいという評判が。その話を聞いていた@sumihiro氏は、さっそくiPhoneからHoloLensに文字データを送るアプリを制作しました。価格は240円です。


iPhoneのアプリ内で入力した文字が……。


HoloLensの検索欄。画像のとおり、日本語入力も安心です。


また、2月10日のアップデートにより、アプリ画面内にカーソルキーやTabキーなどPCでおなじみのキーが追加されました。より操作しやすくなっています。

アプリはApp Storeで配信しており、GitHubでオープンソースも公開しています。

ダウンロードはこちら
App Store(240円)
https://itunes.apple.com/jp/app/holokeyboard-for-hololens/id1203716252?mt=8

GitHub
https://github.com/sumihiro/HoloKeyboard/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HoloLens

この記事を書いた人

  • 東京工科大学メディア学部所属。ゲームを作りつつ、ゲームとシナリオ・世界観、演出辺りの研究のようなものをしています。VRで新しいゲームシステムやシナリオの表現方法が、どんどん開発されていったらいいなと思っています。

    Mogura VRのライター一覧はこちらhttp://www.moguravr.com/writers/