VRメタバース構築を狙うHigh Fidelity 約25億円を資金調達

VRで「セカンドライフ」のようなメタバース(仮想世界)の提供を目指すHigh Fidelityは、新たに2,200万ドル(約25億円)を資金調達したことを明らかにしました。

同社は以前にも1,745万ドル(約20億)を調達したと伝えられており、今回は新ラウンドで2200万ドル(約25億)を調達となります。High FidelityのCEOフィリップ・ローズデール氏は、IDGキャピタルと新たな投資家Breyer Capitalが投資をリードしたと明らかにしています。ローズデール氏は、かつて注目を集めたPCゲーム「セカンドライフ」の開発元であるLinden Labの創設者で元社長でした。

ローズデール氏は、数年前にLinden Labを離れた後、「セカンドライフ」での学びをVRで活用することを目指して「High Fidelity」を立ち上げました。

High Fidelityは、ユーザーが相互接続された仮想世界をホスト、構築、および結合できる基本的なメタバースです。 同社は、複雑なシミュレーションを実行するために、ユーザからの処理を分散するコンピューティングモデルによって、そのプラットフォームの範囲が無限であると言います。 このアプリは現在、Oculus Rift、HTC Vive、および通常のMacなどのPCをサポートするオープンβ版になっています。

際立つソーシャルVRの資金調達額の多さ

VRの中にコミュニケーションを行うことのできる空間を作り出そうとする試みは注目を集め続けています。

ローズデール氏が離れた後Linden Labは独自でVRのために構築された社会的な仮想世界Sansarを発表しています。また、Sensarの開発に1900万ドル(約21億)を資金調達したとされていました。High Fidelityは、現在4,000万ドル(約46億)を調達しています。

また、VRChatやJanusVRのような小規模なソーシャルVRアプリがそれぞれ約150万ドル(約17億)を調達した一方、AltspaceVRは、約1,800万ドル(約20億)の資金調達を完了しました。

『High Fidelity』は現在、Oculus Rift版とHTC Vive版がそれぞれOculus StoreとSteamで配信中です。

(参考)

VR Metaverse Company High Fidelity Raises $22 Million in New Funding

http://www.roadtovr.com/vr-metaverse-company-high-fidelity-raises-22-million/

※MoguraVRはRoad to VRのパートナーメディアです

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ