子供向けVRゲームが日本・中国300店舗に展開 グリーら開発

グリー株式会社と株式会社イオンファンタジーは、アミューズメント施設専用の子ども向けVRゲーム3機種と子ども向け単眼ヘッドマウントディスプレイ「VRメット」を開発したことを発表しました。2018年に日本と中国のファミリー向けアミューズメント施設「モーリーファンタジー」300店舗(日本200店舗、中国100店舗)にて展開される予定です。

両社は「子どもも遊べて笑顔になれるVR」をテーマに「未来をあそぼ。ファンタジープロジェクト」を立ち上げ、世界中の子どもたちが楽しめる先進的なゲームを世界へと発信してていくとのことです。

今回開発されたVRメットは、複眼ヘッドマウントディスプレイの没入感はそのままに、ミラーを利用した機構でモニターと目の距離を確保し、従来の単眼ヘッドマウントディスプレイよりも目が疲れにくい構造となっているとのことです。

またVRデバイスやモニター、体感型の椅子が一体となった筐体を開発することで、デバイスの装着や体験者の動きを誘導するオペレーターが不要となります。筐体に直接コインを投入する形式にすることで、人件費のコストを削減して1プレイ数百円での利用を目指しており、より手軽なVR体験の機会を提供していくとのこと。

『VRぶっとび!バズーカ』

今回開発されたVRゲームは、2018年春登場予定の『VRぶっとび!バズーカ』、『VRどっかん!ブロック』、2018年夏登場予定の『VRびっくり!スライダー』となっています。なお「VRメット」は、今回開発した3機種のうち『VRびっくり!スライダー』、『VRどっかん!ブロック」の2機種に搭載しています。

(参考)
グリー株式会社 ニュースリリース
http://corp.gree.net/jp/ja/news/press/2017/1004-01.html

関連するキーワード: VRメットイオンファンタジーグリー

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ