VRゲーム開発者がPS4と同程度に増加 最も関心のあるデバイスはOculusからHTC Viveへ

2016年の同時期に比べ、VR開発を行っているゲーム開発者が増加していること。また、HTC Viveに関心のあるゲーム開発者が増加していることが明らかになりました。

これは、ゲーム開発者会議GDCが、毎年行っているゲーム開発者向けのアンケート結果から判明したもの。今年は約4,500名が回答しました。

なお、本アンケート結果は、2014年から2016年の過去3年間にGDCに参加した全世界からの参加者を対象に収集されたものです。

2016年の調査結果はこちら

VR/ARの開発に関与するゲーム開発者が倍以上に増加し、16%にのぼることが明らかに

全体の24%がVRゲームの開発に従事

今回アンケートに回答したうち、24%がVRヘッドセット向けのゲーム開発に従事しています。昨年の13%から、かなり割合を伸ばしています。PlayStation 4向けは27%、Xbox One向けは22%と、ほぼ同水準です。ARヘッドセット向けのゲームを開発しているのは全体の5%でした。

現在開発中のデバイスではHTC ViveとOculus Riftが同程度

続いて、現在開発中のデバイスについて。HTC Viveが最多の24%、Oculus Riftがほぼ同水準です。昨年はOculus Riftが19%、HTC Viveが6%だったことと比べるとHTC Viveの割合が大きく増加したことが印象的です。

最も関心があるデバイスはHTC Vive

現在、開発をしているしていないに問わず、最も関心のあるデバイスはHTC Viveとなりました。Oculus Riftの30%を大きく離した結果となっています。

次のゲームを専用で出すとした場合、最多はHTC Vive

次のVRゲームを開発する際に、各デバイスへの比率はHTC Viveが40%、Oculus Riftが37%と同程度でした。一方、1つのプラットフォーム「専用」に出すことを考えている開発者は全体の10%程度いることが分かり、、HTC Vive専用が33%、Oculus Rift専用が24%と回答しています。

長期的なビジネスの可能性を感じている開発者の割合は横ばい

「VR/ARが長期的にビジネスになっていくか」という質問に対しては、75%が「はい」と回答しており、2016年の結果からは横ばいになっています。

モバイルVR/ARに可能性を感じている開発者が33%

また、「今後5年間のトレンドとして、どういった形態のVR/AR技術が市場で広がるか」という質問に対しては以下のような回答となり、現在はPC向けのHTC ViveやOculus Riftに関心が集まっている中で中長期的には、モバイルVR/ARにも可能性を感じている開発者が多いことがわかります。

・モバイルVR/AR 33%

・PC/コンソール VR/AR 31%

・モバイルもPC向けも等しく広まる 17%

・どちらも広まらない 8%

・分からない 12%

20年後というかなり長期のVRとAR、どちらが市場で広がるかという質問では、ARに可能性を感じている開発者が多いことがわかりました。

・AR 43%

・ARもVRも等しく可能性がある 21%

・VR 19%

・どちらも広まらない 5%

・わからない 12%

常に酔ってしまう開発者が9%存在

酔いに関しては、全てのVR体験で酔う開発者が全体の9%存在するという傾向が明らかになっています。

・常に酔う 9%

・ときどき酔う 43%

・たまに酔う 31%

・全く酔わない 17%

(参考)

VR Scout

http://vrscout.com/news/report-htc-vive-preferred-headset-game-developers/

GDC

http://www.gdconf.com/news/gdc-state-industry-devs-optimistic-nintendo-switch-shift-vr-interest-oculus-vive/

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ