VRデスクトップ環境構築を目指し8億円以上を調達していた「Envelop VR」閉鎖

米スタートアップ「Envelop VR」は、1月11日サービスを終了させ、公式ホームページを閉鎖しました。

社名と同名のアプリ「Envelop VR」は、VRで作業を行うためのデスクトップ環境の構築を行うためのアプリです。2015年には200万ドルの資金調達を、2016年には550万ドルの資金調達を行い、その総額は750万ドル以上に達していました。

2016年7月からクローズドβテスト行っていた矢先の閉鎖でした。閉鎖後のサイトには連絡先のメールアドレスのみが掲載されています。閉鎖の理由は不明です。

VRにおけるユーザーインタフェースは現在複数のアプリが登場しています。『Big Screen』、『Virtual Desktop』といったアプリが『Envelop VR』以上に有名です。また、マイクロソフトはHoloLens等に搭載されているユーザーインターフェース「Windows Holographic」のVRへの展開を明らかにしています。『Envelop VR』は競争に負けたという推測が可能です。

VR関連のスタートアップでは、2016年11月に360度動画配信サービス「VRIDEO」が閉鎖しています。

※記事公開当初は累計資金調達額を「10億円以上」としておりましたが、集計に誤りがあり、正確には公表情報では「750万ドル」が累計であるため、本記事のタイトル及び本文を修正しております。

(参考)

http://uploadvr.com/envelop-vr-closed-virtual-reality-productivity-app-shuts-permanently/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ