中国の習国家主席、VRが革新的な世界経済確立に貢献すると言及

本記事は、9月5日にUploadVRに掲載されたJamie Feltham氏の記事を翻訳したものです。

中国主席、VRについて言及

VRは中国で大きく成長しようとしています。中国の首脳もVRの国内での成長を認識しています。

2016年9月3日から4日にかけて中国・浙江省の省都、杭州でB20(Business 20)サミットが行われました。(B20は、G20加盟国の首脳とビジネス界のリーダーによるサミット)。

サミットの基調講演に立ったのは中国の習近平国家主席。50分の演説で、習国家主席は、中国が革新的な世界経済を確立する必要があると述べました。習国家主席は、VRのような新しい技術の成長が、革新的な世界経済の確立に貢献するだろうと話しています。

「最初に、新しく成長を促進するものを生み出すために、革新的な世界経済を確立する必要があります。成長のためには、眠っている可能性を根本から解放する必要があり、イノベーションがそのカギを握っています。インターネットを中核とした科学と産業革命の新しい展開が加速しつつあります。そして、人工知能やバーチャルリアリティのような新しい技術が、急速に開発されています。」「バーチャルな経済と現実の経済の組み合わせは、私たちの働き方、生活様式に革命的な変化をもたらすでしょう。」

VRについては、わずかにし言及されただけですが、世界の首脳の一人の演説でVRが言及されるほど、VRという技術が注目されていることを示唆しています。VRはただのゲーマーの新しいおもちゃではなく、他の産業まで加速させるような、全く新しい産業の始まりなのです。中国では、数々の会社がVがVRに大きく注力しています。HTCは、北京に投資とアクセラレーションの拠点をおいています。Sonyも、より多くのコンテンツをPlayStation VRプラットフォームに集め、加速させるために、中国の開発者に投資を行っています。

VRに言及している首脳は習主席だけではありません。韓国の朴槿恵大統領も、4日に行ったG20の自身の演説で、VRとARに言及しています。Yonhap News Agencyによると、 朴大統領は「人工知能だけでなくVR、AR、IoT,、ビッグデータの分野での技術革新は、第四の産業革命をもたらしている。この変化は、人々のクリエイティブな考え方や想像力によって生じている。」と話しています。

朴大統領によると、上記の分野の技術革新は「韓国のクリエイティブ経済の要点である」としています。

※編集部注
韓国ではVR産業育成のために政府による各種支援が行われています。

これからVR、ARの技術が大きく成長していく市場である国の首脳が、VRとARを真剣に考えていることが分かった点は意義深いことです。実際に経済発展に貢献できるのかどうかが明らかになるまでには、まだ長い道のりがありますが、VRとARが中国や韓国の経済に貢献するレベルに至るまでにどのように進化していくのかは、非常に興味深いです。

中国主席、VRについて言及

米国バラク・オバマ大統領が、今年前半にヨセミテ国立公園を周遊した際に録画した360度動画を視聴している様子。

アメリカでは、ごく最近オバマ大統領がVRを体験しています。米国立公園局の設立100周年を記念した360度動画です。世界の首脳が集まる場で、VRやAR技術について述べるのとは異なりますが、非常に印象的な出来事でした。

(参考)
http://uploadvr.com/chinese-president-vr-b20/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 561fd2b9c1c2d1f2a392263e2481af7f

    2013年にOculus Rift DK1でMikuMikuAkushuに感動して、Unityを勉強し始めました。2015年日本バーチャルリアリティ学会認定上級VR技術者取得。

    Twitter:@Somelu01