中国でVRデバイスのイメージガールを100人選抜するコンテストが開催

image00

11月8日、中国深圳のvrヘッドセットメーカーである小宅VRを冠スポンサーとして、中国VRデバイスのイメージガールを選抜する「小宅杯」の発表が中国深圳市で行われました。

今回の選抜は中国深圳市文体観光局を指導団体として、深圳市バーチャルリアリティ産業連合会が主催したものです。また小宅VRの提携パートナーであり「中国のGoogle」とも呼ばれる百度(Baidu)グループのBaidu VRからもサポートを得ました。

今回の企画は、VR技術を人々の日常生活に進出させるため、企業と市民の双方向コミュニケーションの発展を目指しているとのこと。

「小宅杯」の募集対象は16~35歳の女性。応募したい方は、小宅VRのwechat公式アカウントにある応募リンクにアクセスすることで、申し込むことができます。

今回の選抜はネット上の投票で行われます。期間は2016年11月7日から2017年2月8日の間です。総合得票数の上位100名が最終的に選ばれ、各パートナーVR企業の製品のイメージガールになるとのことです。

中国のVR市場の勢いがうかがい知れます。
image01

小宅VR公式サイト
http://www.xiaozhai360.com/

(参考)
2016年“小宅杯”VR宝贝大赛正式拉开序幕
http://wap.87870.com/xinwennr-15976.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

関連するキーワード: 中国

この記事を書いた人

  • 早稲田大学文化構想学部卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。現在はゲームメディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ