AR/VR両対応スマートフォン「ASUS Zenfone AR」6月23日に発売

ASUS JAPAN株式会社は本日、ARプラットフォーム「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に対応した新モデルのスマートフォン「ZenFone AR」を6月23日より発売すると発表しました。

ZenFone ARは、2017年1月に開催されたCESにて発表された新型のスマートフォンです。本スマートフォンは、グーグル社が提供するARプラットフォーム「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」の両方に世界で初めて対応しており、発売前から注目が集まっていました。

MoguraVRでは、ZenFone ARの使用感などの先行レビューを行っています。

本スマートフォンの背面には3つのカメラが搭載(深度カメラ、モーショントラッキングカメラ、2,300万画素背面カメラ)されており、空間構造やスマートフォンの動きをトラッキングします。Tangoを使用したアプリケーションでは、床や机を認識し、その上にキャラクターを登場させ、キャラクターが歩き回るといったことが可能になります。

また、グーグルが提供する新しいVRプラットフォームのDaydream。Androidの対応スマートフォンと専用のゴーグル「Daydream View」により没入感の高いVR体験が可能となっています。

Zenfone AR 概要

CPU

Snapdragon 821(2.35GHz x 4)

GPU

Adreno 530

メモリ

LPDDR4 8GB / 6GB

ストレージ

128GB / 64GB

ディスプレイ

5.7inch Super AMOLED

解像度

1440 x 2560px

サイズ

77.7 x 158.98 x (4.6 ~ 8.95) mm

重量

170g

背面カメラ

2,300万画素RGBカメラ深度カメラ(TOF方式)モーショントラッキングカメラ

バッテリー

3,300mAh

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com