Apple 、メガネ型ヘッドマウントディスプレイの特許を申請。ついにVRに参入か?

iPhone や Mac などのデバイスを開発・販売している Apple が メガネ型のヘッドマウントディスプレイ(HMD)の特許を申請していることがわかりました。

以下の画像が、特許申請の書類に記載されている HMD の図です。

image00

この図から、メガネ型のデバイスに iPhone をそのまま装着するような形になっています。また、このデバイスにイヤホンもついており、VR体験時に音も合わせて聞こえるように工夫をしていることが伺えます。

さらに、申請書類によると、このデバイスには頭の動きを感知するヘッドトラッキング機能や、デバイス本体のタッチ機能、そして、両眼レンズということで、立体視で3D映像を楽しめるようです。

Oculus RiftやGear VR は、装着時に視界全体をデバイスで覆うような形になっていましたが、Apple が特許申請したデバイスはメガネ型なので没入感はもの足りなくなるかもしれません

現在、iPhone向けにVRを体験できる端末としては、Google Cardboardを元に設計された両眼用の簡易デバイスが多くリリースされています。元々はAndroid端末用に開発されたGoogle Cardboard用コンテンツがiOSストアでも公開されているため、そちらをダウンロードして体験できます。最近増えつつあるYoutubeの360度映像は、iPhoneではVR(両眼)モードで見ることができません。また、立体視はできませんが、一眼用の「ハコスコ 一眼モデル」もiPhoneに対応しています。

今回Appleが特許を申請したデバイスが果たしてどのような形で製品化されるのか楽しみですね。

(参考)
Head-Mounted Display Apparatus for Retaining a Portable Electronic Device with Display – US PATENT & TRADEMARK OFFICE(英語)
http://appft1.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PG01&p=1&u=/netahtml/PTO/srchnum.html&r=1&f=G&l=50&s1=20150198811.PGNR.&OS=DN/20150198811&RS=DN/20150198811

この記事を書いた人

  • image00

    すんくぼ氏が大学の授業に初代 Oculus Oculus を持ってきたことが VRとの出会いとなった。DK2 が発売される直前に VR を初めて体験。VRの没入感のある映像を見た時の感動を共有したく、大学やIT系勉強会・ハッカソンイベントで小さな VR 体験会を開催している。
    なお、本人は3Dにとても弱く VR どころか 3Dアクションゲームでも酔う。
    大学ではゲーム開発コミュニティ IGDA琉球大学 を設立。
    個人ブログ : http://www.masakoha.com/ – masakoha’s room

    Twitter:@masamasa_massa

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/