アマゾン、ARやVRを使った家具・家電販売を模索

アマゾンは、従来のショッピングのあり方に様々な変革をもたらしてきました。注文と同日に本屋や食品を届けたり、ドローンによって配送を行ったりと、同社は常に新たなショッピングのあり方を模索しています。そのアマゾンが、今度はARやVRで家具や家電のショッピングに変革をもたらすかもしれません。

New York Timesの記事によると、アマゾンは新たに家具や大型家電製品を販売する店舗を設け、さらにその店舗ではARやVRの設備を備えるとのことです。この設備を通して、家具や家電製品といった製品をいざ家の中に置くと、どのように見えるのかを確認できる方法を検討しているとのこと。

アマゾンの求人情報からも、同社が新たなユーザー体験に向けた採用を行っていることが見て取れます。たとえば「UX Manager, Mixed Reality」という職種の業務内容には、モバイルに加え、各種ヘッドマウントディスプレイにおけるUXを定め、作り上げることなどが記載されています。

実店舗でもショッピングに変革を

アマゾンはさらに、アップルのような電子機器販売用の実店舗を設けるとも言われています。すでにある実店舗にて本や食品を取り扱っているように、「Amazon Echo」、「Echo Dot」、「Amazon Prime Video」といった、Amazon関連の商品を取り扱うだろうと推測されています。

このように、アマゾンは新たなショッピング方法を検討中ではあるものの、これらはまだ開発段階のものに過ぎません。もし実現化があまりにも困難だと判断されれば、こうしたプロジェクトは白紙に戻されるでしょう。とはいえ、もしこれらが白紙とならずに実現化に至ることができたのならば、家具のショッピングのあり方がこれまでとがらりと変わることになりそうです。

(参考)
Amazon Explores The Idea of Augmented Reality Furniture Stores(英語)
http://vrscout.com/news/amazon-mixed-augmented-reality-retail/

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

 

関連記事はこちら

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ