「触覚のVR」を実現 アルプス電気が幕張で出展

振動を伝えるデバイスの製造開発を手掛けるアルプス電気は、10月3日に千葉県千葉市の幕張メッセにて開催されるCPS/IoT総合展「CEATEC JAPAN 2017」に出展します。

アルプス電気はこれまで、操作に対して反応を返すフォースフィードバック技術を元に、振動や硬さ温度であらゆる触覚を再現するハプティックトリガーを開発しています。今回はさらにリアリティが向上したハプティックトリガーを展示します。

ハプティックトリガープラス


フォースフィードバック技術を応用した「ハプティック トリガープラス」は、従来モデルの圧力、振動、温感再現に加え、静電センサによる指の動きをセンシングする機能を追加搭載したことで、VR操作時におけるリアリティを更に向上。より没入感のあるVR操作体験を行うことができます。

ブースでは他にもスポーツテクノロジー分野に向けたIoT技術の活用として、野球ボールセンシングのデモンストレーションを実施します。Mogura VRではアルプス電気が開発したハプティックリアクタに関する取材を行っています。

出展概要

名称

CEATEC JAPAN 2017

会期

10月3日~6日 10:00~17:00

会場

幕張メッセ(千葉県千葉市)

出展位置

デバイス・ソフトウェアエリア D042

出品製品一覧

HMI関連
 ・ハプティック® トリガープラス
 ・ハプティック® パッド
 ・ハプティック® リアクタ
 ・車載用ゼロボーダタッチパネル

Sensor関連
 ・ボールセンサデモンストレーション
 ・環境センサ
 ・モーションセンサ

Connectivity関連
 ・車載用無線通信モジュール
 ・光通信レンズ
 ・位置情報システム

IoT Solution関連
 ・IoTセンサネットワークモジュール(機能拡張タイプ)
 ・製造現場の作業者見守りシステム

(参考)
ニュースリリース/株式会社ALPS
http://www.alps.com/j/news_release/2017/0926_01.html

関連するキーワード: CEATEC JAPAN 2017アルプス電気

この記事を書いた人

  • MoguraVR編集部インターン。洋画、VR\ARツール、アニメーション全般が好き。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ