極小のセンサーで視線追跡 VR/ARデバイスにも装着しやすく

トラッキング技術を開発する企業であるAdHawk Microsystemsは、VR/ARデバイスで利用可能な極小サイズのアイトラッキング(視線追跡)センサーを開発しました。インテルなどからの資金調達を完了し、消費者向けの製品開発に取り組みます。

同社が開発するアイトラッキングセンサーは、VR/ARデバイスで視線追跡を可能にするもので、極小サイズのMEMS(Micro Electro Mechanical Systems=微小電気機械システム)を使用しています。

このチップは1秒間に数千ものデータポイントを取得することが可能で、ユーザーの視線が次にどこに向けられるかを正確に予測します。AdHawkによると、ユーザーの目の動きを50ミリ秒単位(0.05秒)単位で予測可能とのことです。

カメラを用いたアイトラッキングを代替する技術

現在、アイトラッキングはカメラを用いて行う方法が一般的ですが、この方法ではカメラによってキャプチャーした画像を1秒間に数百枚処理するため、膨大なパワーを消費します。このために、デバイスをハイスペックPCに接続する必要があります。

しかし、AdHawkによる極小サイズのセンサーチップでは、消費するパワーを大幅に削減することが可能になります。それによってデバイスの処理速度が向上し、また極小サイズであるためVRヘッドセットを小型化できるほか、小型サイズのスマートグラスにも搭載できます。

アイトラッキング技術がもたらすメリットとは

アイトラッキングを用いることでユーザーの視線(今どこを見ているのか)を計測することができます。この技術によって得られるメリットは様々なものがあり、たとえば「キャラクターと視線を合わせる」ことができます。これを活かしてソーシャルVRでのより親密なコミュニケーションが可能になるのではないかと期待されてます。また、アイトラッキングによってコンテンツを操作することも可能で、視線だけでピアノを弾けるインターフェイスも登場しています。

参考:目の動きでアバターはより人間らしく 視線追跡を利用したソーシャルVR

この他にも、ゲームであればプレイヤーの動きに応じてコンテンツを表示することが可能になります。ヘルスケアであれば眼球の動きからユーザーの感情を測定したり、まばたきの回数から疲労度を測定することもできます。このような機能はドライバーやパイロットの訓練時などでも活用できるものです。

さらに視線を向けている中心のみを高解像度で描画し、周辺視野を低解像度で描画することで人間の視覚と一致させ、描画負荷を軽減する「フォービエイデッド・レンダリング」への応用も見込まれています。

AdHawkは先日、インテル主導でシリーズAの資金調達を行い、460万ドル(約5億円)を調達しています。今回の資金調達によって、消費者向けVR/ARデバイス用のアイトラッキング技術の開発をさらに進めるとのことです。

同社のアイトラッキングシステムは現在開発者キットが入手可能で、同社の公式サイトにて問い合わせを受け付けています。

(参考)
UploadVR / AdHawk’s Tiny Sensors Could Enable Much Smaller VR Headsets And AR Glasses(英語)
https://uploadvr.com/adhawks-tiny-sensors-could-enable-much-smaller-vr-headsets-and-ar-glasses/

AdHawk Microsystems / AdHawk Microsystems Raises Series A Led by Intel Capital(英語)
http://www.adhawkmicrosystems.com/press-release/2017/10/19/adhawk-microsystems-raises-series-a-led-by-intel-capital

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: AdHawk Microsystems

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。